11日(日)も 九州~関東、東北 急な非常に激しい雨・落雷・竜巻などの突風の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

11日(日)も 九州~関東、東北 急な非常に激しい雨・落雷・竜巻などの突風の恐れ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


11日(日)も大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。九州から関東、東北は局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降る恐れ。最高気温は関東以西は30℃ほどと、不快な蒸し暑さになるでしょう。

非常に激しい雨や激しい雨

きのう10日(土)は鹿児島県や熊本県、宮崎県で記録的な大雨となり、大雨特別警報が発表されました。また、本州付近も所々で雨雲や雷雲が発達し、夕方以降は関東でも非常に激しい雨や雷雨になりました。

11日(日)も梅雨前線は本州付近に停滞するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、日本の上空約6000メートルにはマイナス6℃以下の寒気が流れ込むため、大気の非常に不安定な状態が続く予想です。

九州から東北にかけては内陸部を中心に所々で雨雲や雷雲が発達するでしょう。関東の平野部でも雨雲や雷雲が流れ込む予想です。局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。非常に激しい雨とは滝のような降り方、激しい雨とはバケツをひっくり返したような降り方です。このような雨が降ると、道路が一気に川のようになってしまうことがあります。

鹿児島県や熊本県、宮崎県では、これまでの記録的な大雨により土砂災害の危険度が高い状態が続いている所があります。今後、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあり、警戒が必要です。

中国、四国から東北も道路の冠水や落雷、竜巻などの激しい突風に注意してください。雨雲レーダーなどで確認し、発達した雨雲が近づく場合は建物の中に移動しましょう。

12日(月)にかけても大気の不安定な状況が続く見込みです。

不快な蒸し暑さに

11日(日)の最高気温は沖縄や九州から関東は30℃以上の所が多い予想です。東北も28℃くらいまで上がる所が多いでしょう。湿気も多く、不快な蒸し暑さになりそうです。気温に加えて、湿度も高いと熱中症の危険性が高まります。広く熱中症に「厳重警戒」「危険」となっています。こまめに水分をとるなど、熱中症対策をしっかりとなさってください。

北海道も所々で25℃ほどで、汗ばむくらいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい