鹿児島県で一時間110.5ミリ 猛烈な雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鹿児島県で一時間110.5ミリ 猛烈な雨

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


梅雨前線の活動が活発になっています。鹿児島県薩摩川内市八重山では、9日午後11時49分までの一時間に110.5ミリの猛烈な雨を観測しました。梅雨前線の雨雲が九州南部にかかっています。鹿児島県内を中心に局地的に雨雲が発達しています。薩摩川内市八重山では、9日午後11時49分までの1時間に110.5ミリの猛烈な雨を観測し、1976年の観測開始以来、史上1位の値を更新しました。

鹿児島県内では、梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となっています。薩摩、大隅地方では10日昼前にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。10日0時から11日0時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、薩摩地方150ミリ、大隅地方80ミリとなっています。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい