北陸 11日(日)まで雨の降り方や土砂災害に要警戒! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北陸 11日(日)まで雨の降り方や土砂災害に要警戒!

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


北陸はこれまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。日曜日にかけて土砂災害に警戒が必要です。

梅雨前線引き続き停滞 局地的な激しい雨に注意

このあとも、梅雨前線は本州付近に停滞する見込みです。北陸地方には湿った空気の流れ込みが続くでしょう。日曜日には上空に寒気も流れ込んで、北陸地方は大気の不安定な状態が続く見込みです。

このため、日曜日にかけて雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨の降る所があるでしょう。雨の降り方や落雷、突風、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫には十分注意してください。

最新の予報はこちらをクリック

日曜日まで土砂災害に注意・警戒!

石川県の穴水町・能登町、富山県の魚津市・黒部市・入善町・朝日町には9日18時現在、土砂災害に関する大雨警報が発表され、その他にも広い範囲で土砂災害に関する大雨注意報が発表されています。

北陸地方では、先週末の降り始めからきょうまでに雨量が200ミリを超えている所があり、地盤の緩んでいる所があります。今後の雨の降り方によっては土砂災害の危険度が更に高まる地域が増えるおそれがあります。日曜日にかけて土砂災害には十分注意・警戒してください。

土砂災害は突然発生して一気に被害が広がるため、避難が遅れると命にかかわります。五感を研ぎ澄まし、雨の降り方には十分注意しましょう。斜面のひび割れ、異様な音やにおい、湧き水が止まる、濁った水が吹き出す現象など、周囲の異変や災害の前兆現象に気づいた場合は、直ちに命を守る最善の行動をとりましょう。

山間部の夜間の単独での車の走行は極力控えましょう

北アルプスや立山方面では登山道や遊歩道の一部崩落や落石が確認され、通行止めとなっている区間があります。

山間部やがけの近くの道路でも法面崩落や道路の陥没のおそれもあります。夜間の単独での車の走行は極力控えましょう。止むを得ず走行する場合は、スピードを控え安全確認をしながら慎重な運転を心掛けてください。川沿いを走らない、アンダーパスを避けるなども大切です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい