熱海 土石流被害から1週間へ 週末も激しい雨のおそれ 外の作業は熱中症にも注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

熱海 土石流被害から1週間へ 週末も激しい雨のおそれ 外の作業は熱中症にも注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


3日土曜、土石流が発生した静岡県熱海市は、この週末も、天気の急な変化に注意が必要です。大気の不安定な状態が続きますので、激しい雨や雷雨の可能性があります。蒸し暑さも続きますので、捜索作業や復旧作業は、熱中症にも十分お気をつけください。

この週末 天気の急な変化に注意

静岡県熱海市では、土石流の被害に見舞われてから、まもなく1週間。この週末も、まだ大気の不安定な状態が続くでしょう。

そのため、9日金曜は、夕方から雨で、雷を伴い激しく降ることもありそうです。10日土曜は、日差しがあっても、天気が変わりやすく、昼過ぎから夕方は、急に雨雲や雷雲が発達するおそれがあります。真っ黒な雲が近づいてきたり、ゴロゴロと聞こえてきたり、急に冷たい風が吹いたりしたら、雷雲が近づくサインです。捜索作業や復旧作業は、空模様の急な変化に、十分ご注意ください。

熱中症にも 気をつけて

静岡県熱海市の最高気温は、9日金曜は26℃の予想ですが、10日土曜は29℃と、真夏日一歩手前まで上がるでしょう。気温が高いだけでなく、湿度も高いので、不快な蒸し暑さとなりそうです。

「気温が高い」「湿度が高い」といったことだけでなく、「長時間の屋外作業」や「水分補給がしにくい」といったことも、熱中症を引き起こす原因になります。また、避難所などの生活で「寝不足」になると、熱中症のリスクが高まります。無理をしないで、なるべく涼しくして、こまめな休憩や水分補給を心がけてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい