中国地方 広島県でも記録的な大雨 11日(日)にかけて断続的に滝のように雨が降る 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 広島県でも記録的な大雨 11日(日)にかけて断続的に滝のように雨が降る

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


広島県でも今朝(8日)にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、大雨になっています。中国地方は、このあと11日(日)にかけて活発な梅雨前線が本州付近に停滞するため、断続的に激しい雨や非常に激しい雨が降る見込みです。夜の暗い時間帯に災害の危険が迫る可能性があるため、日中の比較的明るい間に安全な場所へ避難してください。

8日朝にかけて広島市や竹原市で記録な大雨に

山陰沖にのびる梅雨前線に向かって、暖かく湿った空気の流れ込みが強まり、発達した雨雲が中国地方に次々に流れ込んでいます。

今朝(8日)にかけては、山陽南部の広島県竹原市では3時間降水量(8日 8時40分まで)が174.0ミリで、平年7月ひと月分の約8割の雨が、わずか3時間で降ったことになります。

また、広島県広島市では、6時間降水量(8日 8時40分まで)が140.0ミリとなり、7月の1か月に降る雨の半分が6時間で降りました。

72時間雨量を見ると200ミリ以上の雨が所々で降っていて、中国地方各地で大雨による地盤のゆるみが懸念されます。

11日(日)にかけて、土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒を

中国地方は8日現在、警戒レベル5にあたる緊急安全確保、警戒レベル4にあたる避難指示が、島根県、鳥取県、広島県を中心に発表されています。

このあと11日(日)にかけて断続的に非常に激しい雨や激しい雨が降る見込みで、降水量がさらに増える見込みです。いったん雨が止んでも断続的に降る雨により土砂災害や河川の氾濫などの危険が増すでしょう。

夜間は見通しが悪く避難しずらくなります。明るいうちに安全な場所へ避難するようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい