中国地方 山陰は記録的な大雨  梅雨末期の大雨に厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 山陰は記録的な大雨  梅雨末期の大雨に厳重警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


中国地方は線状降水帯が発生し、山陰を中心に活発な雨雲が流れ込んでいます。このため今日(7日)の島根県出雲市斐川では1時間降水量が観測史上1位の75.0ミリを観測するなど記録的な大雨になっています。

また松江市八雲町日吉地区は警戒レベル5の「緊急安全確保」が発表され、命に関わる災害が発生する危険が高まっています。

今後も活発な梅雨前線の影響で雨が降り、さらに降水量が増えるおそれがあります。少しでも危険を感じたら早めに身の安全を守る行動を行ってください。

明日(8日)にかけても大雨に厳重警戒

明日(8日)にかけても梅雨前線が山陰沖に停滞するため、中国地方は断続的に雨が降り激しい雷雨になる所もあるでしょう。明日(8日)12時までの24時間降水量は山陽は120ミリ、山陰では150ミリに達するなど大雨になる見込みです。

なお予想されている雨の見通しが、今後も大きく変わる可能性があります。自治体から避難に関する情報が無い場合でも、危険を感じた際は安全な場所へ避難してください。また夜間の避難は周囲が暗く危険を伴う可能性がありますので、日中のうちに済ませておきましょう。

避難の移動が難しい場合は、自宅の2階以上や斜面から離れた少しでも安全な場所で過ごすようにしてください。

週末にかけて雨に警戒

来週の中頃にかけてもぐずついた天気で、特に日曜日(11日)までは梅雨前線の影響で全般に雨が降り、さらに雨量が増え土砂災害や河川の増水、低い土地が浸水するリスクが高まるおそれがあります。

今後も最新の気象情報を確認するなど、梅雨末期の大雨に備えてください。

日中の最高気温は30度以上の日が多く、また夜間も気温があまり下がらず沿岸部では熱帯夜の所があるでしょう。熱中症のリスクも高いため、熱中症対策も万全にしてください。



なおこの先しばらくは予想より降水量が多くなったり雨の降るタイミングも変わりやすく、災害の危険が急激に高まる可能性がありますので、いつも以上に大雨への対策を行ってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい