東北南部 6日夜から雨強まる 7日の通勤・通学にかけてピークに 浸水など十分注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北南部 6日夜から雨強まる 7日の通勤・通学にかけてピークに 浸水など十分注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


活発な雨雲が西から東北南部へ近づいています。6日(火)夜遅くからこの雨雲が東北南部を中心にかかり、7日(水)にかけて大雨になる恐れがあります。土砂災害や川の増水、低い土地の浸水などに注意・警戒が必要です。

7日(水) 雨のピークは朝まで その後も断続

東北南部は6日(火)夜遅くから広く雨が降り、ピークは7日(水)未明から朝にかけてとみられます。特に、山形県と福島・宮城の県境付近を中心にまとまった雨が降り、大雨になる所があるでしょう。早朝から通勤・通学される方は、道路のアンダーパスが浸水する恐れなどがあります。朝は時間に余裕を持って、足元や車の運転は十分にご注意ください。

【予想される降水量】

局地的には1時間に30ミリの激しい雨が降り、多い所では7日(水)午後6時までの24時間に80ミリの雨が予想されます。



7日(水)は雨のピークを過ぎてからも、東北南部を中心に夜まで断続的に雨や雷雨となり、土砂災害や川の増水などの恐れが続く可能性があります。

7日(水)夜遅くにかけて、気象台や自治体から出される情報をよく確認するようになさってください。

梅雨空続く 9日(金)頃も雨量が多くなる恐れ

この先一週間も東北地方は曇りや雨の日が続く見込みです。今のところ、梅雨前線に伴う活発な雨雲の通り道は、九州から関東付近の予想ですが、9日(金)頃は東北付近まで北上する可能性があります。湿った空気が大量に入ると、日本海側を中心に大雨の恐れがありますので、今後も最新の情報を確認するようになさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい