九州 週末にかけて大雨のおそれ 来週は梅雨明けへ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 週末にかけて大雨のおそれ 来週は梅雨明けへ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


梅雨前線の影響で、7日(水)は長崎県の壱岐・対馬で激しい雨が降り、警報級の大雨となるおそれがあります。その後も、9日(金)から10日(土)を中心に九州北部で大雨が降るおそれがあり、土砂災害への注意・警戒が必要です。来週に入ると太平洋高気圧が勢力を強めるため、九州は梅雨明けとなりそうです。

九州北部は週末にかけて大雨のおそれ

あす7日(水)にかけて梅雨前線は朝鮮半島南部付近に停滞する見込みです。前線に近い長崎県の壱岐・対馬地方は、7日(水)は激しい雨が降り、警報級の大雨となるおそれがあります。土砂災害に警戒が必要です。

その後、8日(木)からは梅雨前線が南下し、九州に近づく見込みです。九州は北部を中心に雨が降り、9日(金)から10日(土)にかけて大雨のおそれがあります。

大雨の警報級の可能性は、あす7日(水)は長崎県の壱岐・対馬は「高」。8日(木)は長崎県で「中」、その後、9日(金)から10日(土)にかけて、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県で「中」となっています。梅雨前線の活動次第で、大雨の予想は変わることがありますので、最新の情報にご注意ください。

来週は太平洋高気圧に覆われ、梅雨明けへ

来週12日(月)ごろからは、太平洋高気圧が九州付近への張り出しを強める見込みです。このため、来週、九州は各地で晴れる日が多くなり、梅雨明けとなることが予想されます。

梅雨明けの平年日は九州南部が7月15日ごろ、九州北部が7月19日ごろで、平年より早い梅雨明けとなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい