四国 梅雨末期 大雨への備えを 熱中症にも警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

四国 梅雨末期 大雨への備えを 熱中症にも警戒を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


今朝の四国地方は、高松や徳島・松山や高知など今季初めて最低気温が25度を下回らず、熱帯夜(ここでは朝の最低気温が25度以上を熱帯夜と定義)となった所が多くなりました。梅雨末期、梅雨前線の活動が活発となるなか、暑さも本格化しており、熱中症への危険性も高まっています。

梅雨末期 改めて避難経路・ハザードマップ・非常持ち出し品の確認を

向こう1週間、四国地方では梅雨空が続きそうです。

8日木曜日頃にかけては梅雨前線は山陰沖で、四国からはやや離れて停滞する見込みです。まとまった雨雲は日本海側中心の予想で、週間予報では傘マークはついていないものの、暖かく湿った空気の影響で大気の不安定な状態が続くため、局地的に雨の降る所があるでしょう。お出掛けの際は、折り畳み傘などがあるとよさそうです。

9日金曜日以降は、梅雨前線は本州付近を南下する見込みで、四国地方でも雨が降りやすくなりそうです。南海上では太平洋高気圧が次第に勢力を増し、高気圧の縁を回る湿った空気が梅雨前線に流れ込みやすくなるでしょう。このため、引き続き前線の活動は活発な状態が続く見込みです。

なお今後、梅雨前線の微妙な位置の変化で、雨の降る範囲は変わりやすくなります。最新の気象情報をチェックし、改めて避難経路やハザードマップ、非常持ち出し品を再確認し、外回りの点検をしておきましょう。

暑さへの備えも 夜間も熱中症対策を万全に

この先、最低気温は25度前後、最高気温は30度前後と、厳しい暑さが続きそうです。湿度も高いため体に熱がこもりやすく、汗が乾きにくくなって熱中症への危険が高まります。

屋外だけでなく室内でも、また日中だけでなく夜間も熱中症に注意が必要です。

こまめに水分や休憩をとり、汗をたくさんかいた際は塩分も忘れずに補給しましょう。マスクをしているとのどの渇きに気づきづらくなります。時間を決めて水分をとるなど工夫し、寝ている間もたくさんの汗をかいて水分が失れますので、夜寝る前そして朝起きてからもしっかりと水分を取りましょう。また適宜換気を行いながら、エアコンを上手に活用してださい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい