東海・関東 ピーク過ぎても続く雨 新たな災害発生のおそれも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海・関東 ピーク過ぎても続く雨 新たな災害発生のおそれも

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


記録的な大雨となった東海や関東は、あす(5日)にかけても断続的に雨。特に東海では激しい雨も。新たな災害が発生するおそれがあるため、雨が弱まっても警戒を。

降り続く雨 激しい雨も

きょう4日(日)も前線の活動が活発です。局地的に発達した雨雲がかかっていて、愛知県の中部空港(セントレア)では明け方に1時間に20.5ミリの土砂降りの雨、静岡県浜松市船明(天竜)では17.5ミリのザーザー降りの雨になりました。

このあと梅雨前線は東海や関東付近から次第に北上して、夜になると日本海に低気圧が進む予想です。低気圧や前線に向かっては雨雲や雷雲の元になる暖かく湿った空気が流れ込むため、東海を中心に雨の降り方が強まるでしょう。

東海や関東は断続的に雨が降り、東海では雷雨や激しい雨の降る所がありそうです。大規模な土砂災害が発生した静岡県では、昼過ぎにかけて激しい雨の降る所があるでしょう。

土砂災害 危険度分布

上の図は、きょう4日(日)午前7時現在の土砂災害の危険度を示したものです。沿岸の地域を中心に、赤や黄色のエリアが広がり、土砂災害の危険度が高くなっています。また午前7時現在、静岡県内には土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

大雨のピークは過ぎても、記録的な大雨によってもたらされた大量の水分が、まだ地面の中にしみこんでいる状態です。あす5日(月)の昼頃にかけても、雨が降ったりやんだり。激しい雨の降る所もあるため、新たな土砂災害が起きてもおかしくない状況です。また雨がやんだり、弱まったりしてから川や用水路の水位が上昇する可能性もあります。少しでも危険や不安を感じたら、安全な場所に避難して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい