4日(日) 日本海側や東海で激しい雨 関東も強雨の恐れ さらなる災害に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4日(日) 日本海側や東海で激しい雨 関東も強雨の恐れ さらなる災害に警戒を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


4日(日)は、梅雨前線の北上に伴って、九州北部から北陸で激しい雨が降り、大雨の恐れ。記録的な大雨となった東海や関東でも雨脚が強まる所がありそうです。さらなる災害につながる恐れがあり、警戒が必要です。

4日(日)も梅雨前線の活動が活発な状態が続く

活動が活発な梅雨前線の影響で、3日(土)にかけて東海や関東を中心に記録的な大雨となり、熱海で大規模な土石流が発生するなど、大きな被害がでました。

4日(日)は梅雨前線が北上。西日本を通って日本の東へのびており、前線上の低気圧が東北東へ進んでいます。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発な状態が続くでしょう。

日本海側や東海で激しい雨や非常に激しい雨の恐れ

4日(日)は梅雨前線の北上に伴って、日本海側を中心に激しい雨に注意が必要です。

九州北部から北陸は広く雨が降り、午後は活発な雨雲がかかるでしょう。雷を伴って、激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。局地的には非常に激しい雨の降る恐れもあります。

太平洋側も油断はできません。記録的な大雨となった東海や関東でも雨が降り、昼頃まで活発な雨雲がかかるでしょう。雷を伴って、激しい雨や非常に激しい雨の降る所がありそうです。これまでに降った記録的な大雨により、引き続き土砂災害の危険度が高い状態となっている所があります。さらなる災害につながる恐れがあり、厳重な警戒が必要です。

九州南部から近畿も所々で雨や雷雨になるでしょう。東北も午後は次第に雨が降りそうです。北海道と沖縄は大体晴れるでしょう。

予想雨量は

5日(月)にかけても日本海側を中心に雷を伴って激しい雨が降り、さらに雨量が増える恐れがあります。

5日(月)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で北陸地方、東海地方、九州北部地方で120ミリ、中国地方で100ミリです。その後、6日(火)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で中国地方、九州北部地方で100から150ミリ、北陸地方、東海地方、近畿地方で50から100ミリです。

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

避難時の注意点は

自治体からだされる避難指示に注意し、冷静に判断できるうちに、早めの避難行動をとってください。

避難時の服装は用意があればヘルメットを着用しましょう。動きやすい長袖、長ズボン、履きなれた運動靴で避難してください。(長靴は水が入ってしまうと歩行が困難になるため避けましょう。)避難時に必要なものはリュックに入れて両手を空けておき、できれば軍手を着用してください。

避難する際はできるだけ複数人で避難するようにしましょう。暗くなってからの非難は危険です。気象情報や避難情報をこまめに確認しつつ、明るいうちの避難を心がけましょう。浸水が始まっている場合は、傘や杖などの棒状のものを使って足元を確認しながら慎重に避難してください。

やむを得ない場合には、建物の斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動しましょう。(土石流が想定される箇所においては、危険な区域の外へ退避する、もしくは堅牢な建物の高層階に避難することが基本です。)

土砂災害は、雨のピークが過ぎて小康状態になっている時や雨がやんだ後にも発生する可能性があります。雨がやんだ後も、避難指示や大雨警報が解除されるまでは、避難場所にとどまりましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい