北陸 4日(日)から警報級の大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北陸 4日(日)から警報級の大雨のおそれ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


日曜日は梅雨前線が北上し、前線の活動が活発となります。北陸地方でも警報級の大雨となるおそれがあります。備えはあす土曜日までに行ってください。

4日(日)午後から強い雨のおそれ

4日(日)は、梅雨前線が日本海まで北上し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発となるでしょう。北陸地方では、雨が降りやすく、4日(日)午後には北陸三県(富山・石川・福井)から雨脚が強まるでしょう。局地的に雷を伴って激しい雨の降るおそれがあり、3日18時から4日18時までの24時間降水量は、北陸三県の多い所で100~150ミリ、新潟の中越・上越でも50~100ミリの予想です。

雨のピークは、5日(月)朝にかけて続き、総雨量が多くなるでしょう。局地的に激しい雨が降り、前線や低気圧の動き次第では警報級の大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒してください。

備えは土曜日の内に!日曜日のお出かけは慎重に

土曜日は雨はいったん小康状態の所が多くなりそうです。大雨の備えはあす土曜日までに行いましょう。ハザードマップで避難場所や避難経路の確認、非常用グッズなどの確認をし、万が一に備えましょう。

日曜日には大雨となり、河川や用水路が増水しているおそれがありますので、むやみに近寄らないようにしましょう。また、都市部などではアンダーパスなどが冠水している可能性があります。車の運転などは周囲の状況をよく見て慎重に行いましょう。山間部など、斜面やがけの近くでは、土砂災害が発生するおそれがあります。土砂災害の前兆現象と思われるものがあるときや、いつもと違う不安を感じたときは、避難指示などがなくても早めに危険な場所から離れましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい