1か月予報 梅雨最盛期から末期へ 大雨に一層警戒を 梅雨明けは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1か月予報 梅雨最盛期から末期へ 大雨に一層警戒を 梅雨明けは?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


この先1か月は、東日本では降水量は平年並みか多くなり、日照時間は平年並みか少ない見込みです。平均気温は北日本を中心に平年並みか高いでしょう。7月後半は、東日本・西日本は晴れる日が多くなる見込みです。

1週目(7月3日~9日)

西日本や東日本は梅雨の最盛期です。前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年よりも曇りや雨の日が多いでしょう。この先の天気を見ても、晴れの日はほとんどなく、連日のように傘が手放せなくなりそうです。北日本は平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。連日のように雨が続くと、雨量が多くなり、土砂災害の危険も高くなります。毎年のように大雨による大きな災害が起こる時期です。大雨への備えを万全にしておくようにしてください。

一方、沖縄・奄美では、梅雨明けの平年を大幅に過ぎたものの、いよいよ梅雨明けし、夏本番となるでしょう。強い日差しが照り付けますので、強い紫外線や熱中症に注意や警戒をしてください。

2週目(7月10日~16日)

北日本と東日本は前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年よりも曇りや雨の日が多くなりそうです。西日本は平年と同様に曇りや雨の日が多い見込みです。梅雨明けの平年は、九州南部は15日頃、北部は19日頃ですので、そろそろ梅雨明けも見えてきそうです。ただ、梅雨末期のこの時期も前線の活動が活発になりますので、一層、大雨に警戒をしてください。

3~4週目(7月17日~30日)

北日本では平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。一方、東日本と西日本、沖縄・奄美は平年と同様に晴れの日が多い見込みです。西日本に続き、東日本も、いよいよこの頃には梅雨明けとなりそうです。梅雨明け後は、連日のように強い日差しが照り付けるでしょう。平均気温は全国的にほぼ平年並みの予想ですが、平年並みといっても、西日本や東日本は最高気温が30度以上の真夏日になる所が多い見込みです。夜間も25度を下回らず、寝苦しい日が多くなりそうです。日中だけでなく、夜間も熱中症に注意が必要です。

【北日本】北海道・東北地方

【東日本】関東甲信・北陸・東海地方

【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部

【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい