1日 2021年後半のスタート 九州から東北大雨警戒 沖縄で熱中症に厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1日 2021年後半のスタート 九州から東北大雨警戒 沖縄で熱中症に厳重警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


7月のスタート。活発な梅雨前線の影響で九州から東北にかけての太平洋側を中心に雨。激しい雨や非常に激しい雨に注意警戒を。沖縄も梅雨空だが強い日ざしの所も。沖縄と日本海側を中心に気温が高い。八重山地方と宮古島地方に熱中症警戒アラート。

梅雨前線の活動が活発に

【気圧配置】

きょう1日(木)は、梅雨前線が大陸から九州付近と関東付近に停滞し、活動が活発になっています。

沖縄は、梅雨前線に向かって湿った南よりの風が吹き込むため、本島地方を中心に大気の状態が不安定。

北海道は、千島付近の高気圧に覆われますが、こちらも大気の状態が不安定になるでしょう。

きょうの天気 大雨や雷雨に注意警戒 日本海側中心に晴れ間

沖縄の八重山地方と宮古島地方は、晴れて強い日差しが照りつけるでしょう。本島地方と大東島地方では雨で、カミナリが鳴る所や激しい雨の降る所がある見込みです。

九州から北海道にかけて、日本海側では、晴れ間が出る所がありますが、広範囲で雲が多く、太平洋側を中心に雨が降る見込みです。激しい雨や非常に激しい雨の降る所があり、カミナリが鳴ることがある予想です。

落雷、突風、土砂災害、低い土地の浸水、川の増水や氾濫どに、注意警戒をなさってください。

あす2日(金)朝6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、東海で250ミリ、九州南部・奄美、関東甲信で150ミリ、東北で60ミリです。

また、その後、あさって3日(土)朝6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海で100から200ミリ、九州南部・奄美で100から150ミリ、関東甲信で50から100ミリ、東北で約50ミリです。

大雨注意報や大雨警報の発表されている所があり、雷注意報が発表されている所があります。

お近くの気象台から発表される気象情報に、ご注意ください。tenki.jpでは大雨やカミナリなどに関する最新の情報を随時お伝えします。

きょうの最高気温 夏日、真夏日  熱中症に注意警戒を

きのうと比べて、同じか低くなる所が多いでしょう。

それでも沖縄と日本海側を中心に暑くなる所が多い予想です。30℃以上の真夏日になる所があり、北海道や東北でも30℃に迫る所がある見込みです。

こまめな水分補給や適度な休憩を心がけましょう。

沖縄の八重山地方と宮古島地方では熱中症の危険度が極めて高く、熱中症警戒アラートが発表されています。無理をしないで、外出はなるべく避け、室内をエアコンなどで涼しい環境にして過ごしてください。また、特別の場合以外は、運動は行わないことが重要です。

関東や東海では、5月並みや4月並みの所が多いでしょう。雨の影響も加わって空気がヒンヤリと感じられる一日です。

日本列島に、厳しい暑さと肌寒いくらいの涼しさが同居する7月のスタートになるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい