東海地方 あす7月1日(木)以降、大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海地方 あす7月1日(木)以降、大雨に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


東海地方は、今夜は次第に広い範囲で雨となり、あす1日(木)以降は大雨に警戒して下さい。

東海地方 今後の雨の見通し

この時間の東海地方は、曇りの所が多くなっていますが、岐阜県や三重県の一部では発達した雨雲が見られます。今夜以降、梅雨前線が本州南岸まで北上し、東海地方には暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。今夜は次第に広い範囲で雨となるでしょう。

あす1日(木)は、大気の状態が不安定となるため、雷を伴って激しい雨や非常に激しい雨が降る見込みです。その後、4日(日)にかけても梅雨前線が本州付近に停滞するため雨が降りやすく、大雨となる所があるでしょう。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒して下さい。また、落雷や突風、降ひょうにも注意が必要です。

東海地方 あす1日(木)に予想される1時間降水量

東海地方では、特に、あす1日(木)はバケツをひっくり返したような雨や滝のような雨が降る所があるでしょう。予想される1時間降水量は、いずれも多い所で愛知県50ミリ、岐阜県40ミリ、三重県60ミリ、静岡県50ミリの見込みです。今後発表される情報に十分注意・警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい