あす30日 暑さと雨の降り方に注意 沖縄は梅雨末期の大雨 九州は35度に迫る所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす30日 暑さと雨の降り方に注意 沖縄は梅雨末期の大雨 九州は35度に迫る所も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす30日(水)も、沖縄は梅雨末期の大雨に警戒を。九州から北海道は暑さと急な雨に注意。九州では35度の猛暑日に迫る所も。

雨の降り方に注意

あす30日(水)も、梅雨前線は沖縄付近から南の海上に停滞。沖縄は梅雨末期の大雨に警戒が必要です。局地的には激しい雨や、滝のような非常に激しい雨の降るおそれがあります。

一方で、九州から北海道は日本海側を中心に日差しがあって、日中は気温が上がりそうです。最高気温は九州から近畿は30度前後の所が多く、厳しい暑さに。九州北部は特に気温が高く、佐賀は最高気温34度の予想で、猛暑日一歩手前の暑さになるでしょう。佐賀では33度を超えれば、9日ぶりになります。

地上の気温が上がると心配なのが、にわか雨。上空には冷たい空気の流れ込みが続くため、地上と上空の気温差が大きくなります。午後を中心に局地的に雨雲が湧いて、雷雲にまで発達するでしょう。発雷確率を見ると気温の高い地域ほど、青や緑、黄色と雷が発生する確率が高くなっています。雷がゴロゴロと鳴って、急に強い雨が降る所があるでしょう。晴れていても天気の急変にご注意下さい。

梅雨前線 本州付近で活動が活発に

7日2日(金)を境に、天気の傾向が変わります。7月のスタートは、沖縄や九州から東北の広い範囲で雨。2日(金)以降は、梅雨前線が沖縄付近から本州付近まで北上する予想です。雨が降るのは九州から東北が中心となるでしょう。2日(金)~3日(土)にかけては大雨になるおそれがあります。最新の気象情報をご確認下さい。

沖縄は7月2日(金)以降は晴れる日が多くなり、梅雨明けの可能性があります。沖縄の平年の梅雨明けは、6月21日ごろ。平年より1週間以上遅い、夏の訪れとなるでしょう。きょう29日(火)気象庁から発表された「高温に関する気象情報」によると、沖縄地方は7月1日から5日にかけて、最高気温が33度以上となる所がある見込みです。梅雨末期の大雨のあとは、熱中症に警戒が必要となるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい