週間 週末以降は梅雨空続く 太平洋側ではまとまった雨に 関東など梅雨寒も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 週末以降は梅雨空続く 太平洋側ではまとまった雨に 関東など梅雨寒も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


週末から週明けにかけて梅雨空の所が多いでしょう。太平洋側を中心にまとまった雨になりそうです。最高気温は関東や東北を中心に平年より低く、梅雨寒となる日もあるでしょう。

29日(火)の天気

明日29日(火)は前線上の低気圧が関東の南岸付近まで進み、その後関東の東に抜ける見込みです。沖縄は午前中を中心に激しい雨や雷雨となりそうです。九州と四国は日中は大体晴れますが、午後は大気の状態が不安定で、局地的に雷を伴って激しい雨が降る見込みです。中国地方と近畿は明け方まで雨が降りますが、日中はやんでいる所が多いでしょう。ただ、山沿いでは急な雨や雷雨に注意が必要です。東海と関東甲信は明け方まで所々で激しい雨や雷雨となりそうです。昼頃には次第にやむでしょう。北陸も午前中を中心に雨が降る見込みです。東北も雲が広がり、所々でにわか雨がありそうです。北海道は昼頃まで晴れ間の出る所が多いでしょう。

7月は梅雨前線北上 梅雨空多い

30日(水)は梅雨前線が一時的に本州付近から離れるため、晴れ間の出る所もありそうです。7月に入ると、高気圧の勢力が増し、次第に前線が北上してくるでしょう。1日(木)は太平洋側を中心に雲が多く、雨の降る所もありそうです。2日(金)~4日(日)は本州南岸に梅雨前線が停滞するでしょう。前線上には低気圧が発生し、東に進む見込みです。九州から東北の太平洋側を中心に雨が降り、まとまった雨となる所もありそうです。週明けにかけても梅雨空が続くでしょう。最高気温は、週末にかけて、関東や東北を中心に平年を下回り、関東では25度に届かなかったり、東北では20度に届かなかったりと、梅雨寒となる日もありそうです。

沖縄・奄美は梅雨末期 7月初めにいよいよ梅雨明けか

梅雨明けが平年よりも遅れている沖縄や奄美は、梅雨の末期に入り、連日のように局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要です。7月2日頃になると、梅雨前線が北上し、沖縄付近から離れるため、晴れる日が続きそうです。いよいよ梅雨明けも間近となるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい