九州南部・奄美 1時間に50ミリ以上 滝のような雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州南部・奄美 1時間に50ミリ以上 滝のような雨に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう28日は、梅雨前線に伴う活発な雨雲が九州南部や奄美地方を中心にかかり、激しい雨の降っている所があります。あす29日にかけて、九州南部や奄美地方では、非常に激しい雨に警戒が必要です。

九州南部・奄美で激しい雨

きょう28日は、梅雨前線が九州の南から本州の南に停滞しています。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発となっています。九州南部から沖縄では朝から雨で、所々に発達した雨雲がかかっています。午前7時03分までの1時間に鹿児島県十島村・諏訪之瀬島(スワノセジマ)では38.0ミリと、バケツをひっくり返したような激しい雨が降りました。また、沖縄県国頭村・奥(おく)や、鹿児島市など所々で1時間に20ミリ以上の強い雨が降っています。

1時間50ミリ以上 滝のような雨に警戒

あす29日にかけて、九州南部や奄美地方では梅雨前線の影響で大気の状態が不安定となりそうです。1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所があるため、土砂災害などに警戒が必要です。

<雨の予想>

28日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、

鹿児島県(奄美地方除く) 60ミリ

奄美地方         60ミリ

28日12時から29日12時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、

鹿児島県(奄美地方除く) 120ミリ

奄美地方         150ミリ

斜面のひび割れ、濁った水が噴き出す、異様な音やにおいがする時は、土砂災害の前兆です。家の裏山など、むやみに近づかないようにしましょう。また、発達した積乱雲の下では、落雷や竜巻などの突風に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい