2週間天気 台風は小笠原諸島に最接近へ 梅雨最盛期 次の週末は広く雨の量多くなる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2週間天気 台風は小笠原諸島に最接近へ 梅雨最盛期 次の週末は広く雨の量多くなる

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


台風5号は、27日明け方にかけて、小笠原諸島に最接近する見込みです。九州から東北では、今回の台風5号による大きな影響はないものの、梅雨の最盛期で、大雨に警戒が必要な時期です。

台風5号 27日明け方にかけて小笠原諸島に最接近

強い台風5号は、26日15時、風速25メートル以上の暴風域を伴って、父島近海を北上しています。26日夜から27日明け方にかけて、暴風域を伴ったまま、小笠原諸島に最接近する見込みです。小笠原諸島では、27日朝にかけて、強い風が吹き、海上はうねりを伴ってしけるでしょう。伊豆諸島付近に停滞する前線の活動が、活発になる見込みです。伊豆諸島南部では、27日明け方から昼過ぎにかけて、雷を伴って、激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。警報級の大雨になる可能性もあります。27日に予想される1時間降水量は、多い所で、伊豆諸島南部40ミリ。26日18時から27日18時までに予想される24時間降水量は、多い所で、伊豆諸島南部150ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒して下さい。

台風5号は、小笠原諸島に接近したあと、日本の東を北上し、28日15時までに温帯低気圧に変わるでしょう。台風が本州に近づく可能性は小さくなっています。

あす27日 関東付近は雨で本降りも 東北北部では局地的に激しい雨

27日は、本州の南に停滞する前線は、やや北上するでしょう。今のところの予想では、前線が本州にかかることはありませんが、関東付近に東の海上から湿った空気が流れ込みます。関東や東海では、雨が降り、本降りになることもありそうです。前線がかかる南西諸島では、雨や雷雨でしょう。

北海道や東北、北陸、近畿から九州も、雲が広がりやすく、所々で雨が降る見込みです。雷が鳴る所もあり、東北北部では、午後は局地的に激しい雨が降るでしょう。

28日~7月3日 梅雨の最盛期 7月2日から発達した雨雲かかる可能性あり

28日から7月1日にかけて、前線は本州の南に停滞する見込みです。本州付近は気圧の谷や湿った空気の影響を受けるでしょう。晴れ間が出る所もありますが、所々で、にわか雨や雷雨がある見込みです。

2日から3日にかけて、前線は北上し、前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。九州から東北を中心に雨が降る見込みです。大気の状態が不安定になり、雨雲が発達することも考えられます。降り続く雨で、雨の量が多くなる可能性もあります。

梅雨最盛期の大雨に警戒が必要な時期です。いざ、避難する場合に備えて、あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておくことは、とても大切です。市町村が作成しているハザードマップや、地域防災計画をみて「自分の住む地域は、どのような災害のリスクがあるのか」「災害が発生した時の避難場所はどこか」「安全な避難経路はどこか」確認しておきましょう。

4日も広く雨が降り続く 5日~9日もぐずついた天気

4日にかけて、広く雨が降り続く見込みです。5日から9日も、前線は本州付近に停滞しやすいでしょう。梅雨のない北海道も含めて、曇りや雨のくずついた天気の所が多い見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい