梅雨明けと暑さの傾向は? 「ラニーニャ的」な夏に 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨明けと暑さの傾向は? 「ラニーニャ的」な夏に 3か月予報

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今年は九州から東海で記録的に早い梅雨入りとなった一方で、関東甲信や北陸、東北は平年より遅い梅雨入りとなりました。今後、梅雨後半の天気や気になる梅雨明け、夏の暑さ、秋の台風シーズンについてまとめました。最新の3か月予報です。

7月 梅雨明けはいつ頃?

6月は梅雨前線が日本の南に停滞しやすい日が多くなっていますが、7月に入ると一転して太平洋高気圧が強まるため、梅雨前線が本州付近まで北上する見込みです。7月の降水量は北海道や東北、北陸で平年より多く、関東から九州、沖縄は平年並みの予想です。

7月の前半は、九州から北海道では曇りや雨の日が多い見込みです。前線の活動次第では梅雨末期の大雨となる所があるでしょう。一方、沖縄や奄美は晴れる日が多くなり、遅れていた梅雨明けの発表がありそうです。

7月後半になると、太平洋高気圧が強まって九州から関東は晴れる日が多くなるでしょう。九州から関東の梅雨明けの平年は7月中旬頃なので、今のところ平年より大幅に早まることも遅れることもなさそうです。一方、北陸や東北は梅雨前線の影響を受けやすく、引き続き大雨の可能性があります。梅雨明けも平年より遅れそうです。梅雨のない北海道もぐずつく日が多くなるでしょう。

8月 暑さはどうなる?

8月は太平洋高気圧が本州付近を覆うことが多くなり、「猛暑」になりそうです。平均気温は北海道から北陸や東海にかけてと沖縄で平年並みか高く、近畿から九州は平年並みの予想です。

気象庁は今年の夏から秋にかけて、太平洋高気圧を強める原因となる「ラニーニャ現象」は発生しない可能性が高いと予想していますが、海水温の傾向はラニーニャ現象に近い状態になる見込みです。コロナ禍で迎える2度目の夏ですが、今年も熱中症には十分な注意が必要です。

8月の降水量は全国的に平年並みですが、太平洋側を中心に湿った空気が入りやすく、ゲリラ雷雨のような狭い範囲で大雨になる日がありそうです。

9月 残暑と台風の傾向は?

9月になっても太平洋高気圧は強いままで、全国的に気温が高い傾向です。本格的な秋の訪れは遅く、各地で厳しい残暑が続くでしょう。暑さが長引くことでいっそう体調を崩しやすくなるため、普段から規則正しい生活を心がけて体調を整えておくとよさそうです。

9月の降水量は全国的に平年並みですが、太平洋高気圧が強いため、秋雨前線や台風の影響は受けにくいことが考えられます。特に関東から九州にかけては平年と比べて晴れる日が多くなる見込みです。

夏から秋のポイントは

改めて7月から9月に予想される天気のポイントをまとめると以下の通りです。

・梅雨明けは関東から九州で平年並み、北陸や東北は遅れそう。

・梅雨明け以降、8月にかけては猛暑に注意。

・9月は残暑が厳しく、秋雨前線や台風の影響は受けにくい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい