あす26日(土)から28日(月) 梅雨前線が本州付近まで北上 大雨になる恐れも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす26日(土)から28日(月) 梅雨前線が本州付近まで北上 大雨になる恐れも

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


日本の南にある台風5号の北上に伴って、梅雨前線が本州付近まで梅雨前線が北上。あす26日(土)から28日(月)にかけて、梅雨前線の活動の程度によっては、九州から近畿にかけての太平洋側では大雨の恐れ。最新の情報をチェックなさってください。

あす26日(土) 梅雨前線は次第に北上

きょう25日(金)12時現在、台風5号は日本の南を時速15キロで北上しています。台風は、今後も比較的ゆっくりとしたスピードで、日本の南を北上する見込みです。

台風の北上に伴い、梅雨前線も北上し、あす26日(土)は九州の南から伊豆諸島付近にかけて延びる見込みです。

九州から近畿は雲が広がりやすくて、夜になると雨の降る所が多いでしょう。東海や関東、北陸、東北は晴れ間がありますが、午後は所々でにわか雨がありそうです。局地的に雷を伴ってバケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。道路が一気に川のようになることもありますので、十分ご注意ください。北海道は、大体晴れる見込みです。

あさって27日(日)から28日(月) 梅雨前線はさらに北上

あさって27日(日)から28日(月)にかけて、梅雨前線は本州付近まで北上し、前線の活動が活発になる見込みです。

あさって27日(日)は、九州から関東、北陸では広く雨が降るでしょう。局地的に雨雲が発達し、ザっと雨の降り方が強まりそうです。

28日(月)にかけては、梅雨前線の活動の程度によっては、九州から近畿にかけての太平洋側を中心に大雨になる恐れがあります。大雨への備えを今一度、確認なさってください。

東北はあさって27日(日)は晴れ間がありますが、28日(月)は雲に覆われて、雨の降る時間があるでしょう。高気圧に覆われる北海道は、27日(日)と28日(月)は晴れる所が多くなりそうです。

気になる台風の今後の動き

台風5号は、今後も発達をしながら日本の南を北上し、あす26日(土)には強い勢力になる見込みです。あさって27日(日)は強い勢力で暴風域を伴いながら、小笠原諸島へ近づくでしょう。小笠原諸島では次第に雨や風が強まり、荒れた天気になる恐れがあります。また、海ではしけとなりますので、うねりを伴った高波に注意・警戒してください。

その後は進路を少し東よりに変えて、28日(月)には日本の東へ、29日(火)には温帯低気圧に変わる予想です。

台風の直接の影響は今のところありませんが、太平洋沿岸ではうねりを伴って波が高くなってくるでしょう。また、梅雨前線の活動が活発になる可能性がありますので、最新の気象情報にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい