東海地方 局地的に非常に激しい雨 土砂災害・低地浸水など注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海地方 局地的に非常に激しい雨 土砂災害・低地浸水など注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像D

画像D

画像E

画像E

画像F

画像F


24日東海地方は日射による気温の上昇や上空の寒気の影響で大気の状態が不安定になっています。

所々で雷雲が発生しており、非常に激しい雨も解析されています。

24日夜にかけての天気

晴れ間の出る所もありますが、変わりやすい天気でしょう。

所々でにわか雨や雷雨がある見通しです。

局地的には非常に激しく降る恐れもあります。

低い土地の浸水や土砂災害、落雷、突風などに注意してください。

25日の東海地方の天気

引き続き、変わりやすい天気でしょう。

にわか雨や雷雨の所がある見通しです。

午後を中心に局地的に非常に激しく降ることもあるでしょう。

非常に激しい雨とは

一時間に50ミリ以上の雨のことを言います。

どんな雨かというと、滝のような降り方とたとえられます。

傘が全く役に立たなくなったり、水しぶきであたり一面が白っぽくなり、

視界が悪くなるような雨の降り方です。

また、アンダーパスと呼ばれるくぐる形状の立体交差では

ごくわずかな時間で冠水する恐れがあります。

このため車の運転は危険な雨の降り方です。

また、川の水が一気に増える雨の降り方です。

また、その場で降っていなくても、上流でこのような雨が降っていると、

川の水が急に増える事があります。

雨雲レーダーを活用し、その場だけではなく上流部の雨雲にも注意しましょう。

地盤の緩んでいる地域では、このような雨が降るとただちに土砂災害が発生する恐れもあります。

25日の東海地方の気温

最低気温は平野部で22℃くらいの予想です。

24日朝と同じか1~2℃高くなるでしょう。

最高気温は28度前後の予想です。

大体今日と同じくらいでしょう。

湿気が多く、蒸し暑く感じられそうです。

台風5号 東海地方への直接的な影響は無い見込み

台風5号は26日にかけて小笠原諸島付近を北上し、その後は関東の南東の海上を北北東へ進むでしょう。

東海地方への直接的な影響はない見込みですが、26日にかけて外海では台風からのうねりが入り、波がやや高くなる恐れがあります。

海のレジャーは念のためお気を付けください。

東海地方 向こう1か月の天候

この先、7月中旬にかけては、梅雨前線の影響を受ける日が多い見込みです。

一方で、7月前半は一時的に太平洋高気圧が強まる時期もあるでしょう。

このため、7月も梅雨の時期の割には晴れる日がありそうです。

一方で、降る時に集中して雨の降る恐れがあります。

気温:ほぼ平年並み

湿度が高い日が多く、蒸し暑い日が多くなりそうです。

降水量:平年並みか多い

長く続く雨より、短い期間にまとまって雨の降るおそれがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい