23日(水) 天気急変に注意 局地的に激しい雨 関東や東北は気温ダウン 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

23日(水) 天気急変に注意 局地的に激しい雨 関東や東北は気温ダウン

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう23日(水)も急に雨雲やカミナリ雲が発達して、激しい雨の降る所も。関東や東北の太平洋側は、朝からほとんど気温が上がらない予想。服装でうまく調節を。

午後 天気急変 激しい雨も

きょう23日(水)も、上空にはこの時期としては冷たい空気が流れ込むため、雨雲やカミナリ雲が発達しやすい状態が続きます。

九州から近畿、北海道は変わりやすい天気。晴れていても午後は局地的に雨が降り、カミナリを伴って激しく降ることもあるでしょう。黒い雲が近づいてきたり、カミナリの音がゴロゴロ聞こえたら、天気急変のサインです。

関東は梅雨前線の影響で、午前中を中心に雨が降りやすいでしょう。北陸は所々で雨や雷雨、きのう22日(火)猛烈な雨が降ったとみられる長野県も、雨の降り方には注意が必要です。東北は広く雨が降り、日本海側を中心にカミナリが鳴って雨脚が強まるでしょう。

沖縄付近には引き続き、梅雨前線が停滞。沖縄本島地方は日の差す時間もありますが、八重山地方や大東島地方などは発達した雨雲がかかるでしょう。断続的に雨が降り、カミナリを伴って激しく降る所もありそうです。

暑さ続くが 関東・東北は気温上がらず

最高気温は、沖縄と九州から東海、北海道はきのう22日(火)と同じくらい。九州から近畿は30度前後まで上がる所が多くなりそうです。こまめな水分補給、適切に冷房を使用するなど、熱中症対策が欠かせません。

一方、関東や東北はきのうより5度ほど低い所もあるでしょう。関東や東北の太平洋側は、朝からほとんど横ばいになりそうです。都心の最高気温は23度の予想。ヒンヤリした東よりの風が吹くため、きのう半袖で過ごした方も、きょうは長袖の方が良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい