東北 19日(土)は広く雨 梅雨入りどうなる? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 19日(土)は広く雨 梅雨入りどうなる?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


東北地方の週末の天気や梅雨入りの見通し、気象庁が今日始めた新情報「顕著な大雨に関する情報」についてお伝えします。

あす18日(金) 広く晴れるが三陸沿岸は朝晩中心に曇りや小雨

あす18日(金)の東北は、日本海側を中心に晴れ間が広がりそうです。太平洋側も日差しはありますが、三陸沿岸は湿った海風の影響で雲が広がりやすいでしょう。朝晩は小雨や霧雨の所がありそうです。ただ、ここ数日のような激しい雷雨の心配はありません。

内陸を中心に気温が上がり、福島の最高気温は30度と真夏日の予想です。そのほか仙台や秋田でも25度と夏日の所が多いでしょう。

週末 19日(土)中心に広く本降りの雨

19日(土)の東北は、広い範囲で雨が降るでしょう。日本海を低気圧が発達しながら進む見込みです。東北南部は朝には雨が降り出し、日中は本降りの所が多いでしょう。夜は雨のピークが東北北部へ移り、雷雨の恐れがあります。

20日(日)の東北は天気が回復へ向かい、太平洋側は晴れ間が広がりそうです。日本海側は寒気の影響が残り、青森県の津軽地方や秋田県内、山形県の庄内地方を中心ににわか雨程度はありそうです。

低気圧の進路や速さによって予報が変わるので、最新の情報をご確認ください。

東北の梅雨入りは?

19日(土)の雨が、東北地方の梅雨入りの一つのタイミングとなりそうです。ただ、そのカギを握るのが20(日)~21日(月)の晴れマークです。

そもそも梅雨入りがどうやって決まるかと言いますと、気象庁では、今までの天候と、その先1週間の予報をもとに、曇りや雨の日が多くなり始める時期を、梅雨入りとしています。

具体的に「梅雨前線が停滞するから、梅雨入り」「雨がどのくらい降ったら、梅雨入り」という基準はありません。

つまり「この先、曇りや雨の日が多くなるかどうか」ということが、梅雨入りのポイントなのです。

20(日)~21日(月)が東北地方で晴れる所が多い予想であれば、19日(土)の梅雨入りが見送られ、来週中ごろの雨が東北地方の梅雨入りのタイミングになるかもしれません。

大雨に備えて 気象庁から新情報「顕著な大雨に関する情報」

梅雨入り前でも、降れば大雨になる時期に突入しています。今週は東北地方でも山形県や岩手県で1時間に100ミリを超える猛烈な雨が解析されました。

今日から気象庁は、大雨をもたらす「線状降水帯」の発生を知らせる「顕著な大雨に関する情報」の提供を始めました。

既報の日直予報士記事「顕著な大雨に関する情報」の提供が始まる 「線状降水帯」発生時は災害発生のおそれで詳しく解説しています。いざという時、命を守る情報です。その意味や、とるべき行動を確認しておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい