東海地方 大気不安定 低地浸水・落雷・突風十分注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海地方 大気不安定 低地浸水・落雷・突風十分注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D


東海地方は大気の状態が不安定になっています。

局地的に雷を伴い1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る所があるでしょう。

低い土地の浸水や、落雷、突風などに十分注意してください。

この時間の雨の状況

愛知県新城市では午後1時50分までの1時間に72.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。

この後も、所々で雷雲が発達し、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがあります。

猛烈な雨とは?

一時間に80ミリ以上の雨のことを言います。

雨音で恐怖を感じるような雨の降り方です。

雨で見通しがきかなくなるほか、

アンダーパスと呼ばれるくぐる形状の立体交差では

ごくわずかな時間で冠水する恐れがあります。

このため車の運転は危険な雨の降り方です。

また、川の水が一気に増える雨の降り方です。

また、その場で降っていなくても、上流でこのような雨が降っていると、

川の水が急に増える事があります。

雨雲レーダーを活用し、その場だけではなく上流部の雨雲にも注意しましょう。

地盤が急激に緩み、短い時間で土砂災害の発生にいたる恐れがあります。

天気急変の前兆は?

急な強い雨や落雷は発達した積乱雲が引き起こす現象です。

〈例〉

・真っ黒な雲が近づいてきた

・ゴロゴロと雷の音が聞こえてきた

・急に冷たい風が吹いてきた

などの変化を感じたら、発達した積乱雲が近づいているサインです。

気象レーダーで雨雲の様子をチェックするなど、最新の気象情報を確認してください。

このような空の変化に気づいたら、すぐに安全な建物に避難することが大切です。

雨宿りをする際は、地下街などではなく、建物の1階以上の場所を選びましょう。

また、車の運転される際は、なるべく低い所を通る道路(アンダーパス等)を避けるように心がけてください。

にわか雨や雷雨いつまで?

今夜遅く日付の変わるころには収まる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい