週間 週末は広い範囲で雨 来週は前線北上で関東など梅雨空に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 週末は広い範囲で雨 来週は前線北上で関東など梅雨空に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


明日18日(金)は西から天気が崩れ、19日(土)は九州から東北の広い範囲で雨が降るでしょう。来週は梅雨前線が北上し、関東など太平洋側の沿岸部を中心に梅雨空となりそうです。

明日18日(金)の天気

明日18日(金)は上空の寒気は抜けますが、西から気圧の谷が近づく見込みです。また梅雨前線は沖縄付近に停滞するでしょう。沖縄は断続的に雨でカミナリを伴う所がありそうです。九州と中国、四国は昼ごろから雨が降り出し、夜は広い範囲に雨雲がかかりそうです。近畿と東海、北陸は夕方から次第に雨が降るでしょう。関東甲信は内陸部は一時的に日の差す所もありますが雲が多い見込みです。東北と北海道は高気圧に緩やかに覆われて、おおむね晴れそうです。最高気温は、沖縄と九州から関東は平年並みの所が多いですが、東北と北海道は平年より高いでしょう。

明後日以降の週間天気

19日(土)は九州から近畿は午前中を中心に雨が降るでしょう。次第に東へと雨雲が広がり、東海や関東甲信、北陸も雨雲がかかる見込みです。午後は東北も広く雨が降り、夜には北海道でも雨が降る見込みです。20日(日)は九州から東海は大体晴れるでしょう。関東の沿岸部では明け方まで雨が降りますが、次第にやむ見込みです。北海道は雨が降りやすいでしょう。21日(月)は北陸や東北と北海道の日本海側を中心に晴れ間が出ますが、太平洋側は雲が多いでしょう。雨の降る所もありそうです。22日(火)頃から梅雨前線は本州の南岸まで北上し、23日(水)から24日(木)頃にかけて太平洋側の沿岸部に活発な雨雲が流れ込みやすいでしょう。

6月も下旬に入りますが、7月にかけて、梅雨前線による大雨に注意が必要です。今一度、万が一の際の避難経路や避難場所を確認したり、避難グッズを確認したり、大雨に備えるようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい