東北 きょう(水)も天気の急変に注意 不安定な天気はいつまで? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 きょう(水)も天気の急変に注意 不安定な天気はいつまで?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう(水)も東北地方はあちらこちらでにわか雨や雷雨があるでしょう。急な激しい雨や落雷・突風・ひょうに注意して下さい。

きょう(水) 午前中からすでに雨雲が発達中

きょう(水)も上空には寒気が残っていて、地上付近は暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態が不安定となっています。

12時50分現在、東北地方のあちらこちらで雨雲が湧いていて、落雷を観測している所も多数あります。

また、13時10分現在、岩手県奥州市と山形県鶴岡市南部には警戒レベル4に相当する「土砂災害警戒情報」が発表されています。土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況です。崖の近くなどにお住いの方は、市町村から発表される避難指示などの情報に留意し、安全な場所への避難を心掛けてください。



このあと、午後9時頃にかけては大気の不安定な状態が続くでしょう。局地的に雷を伴い、バケツをひっくり返したような激しい雨の降る所がありそうです。

大雨による土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。また、落雷や突風、ひょうにも注意が必要です。

天気急変のサインは?

すでに活発な雨雲やカミナリ雲のかかっている所がありますが、今晴れている所でもこのあと突然の雨や雷雨の可能性があります。

天気が急変するサインは上の図の通りです。

①真っ黒い雲が近づいてくる

②ゴロゴロと雷の音が聞こえてくる

③急に冷たい風が吹いてくる

以上のような変化を感じたら、積乱雲が近づいてきている兆しです。激しい雨が降ったり、竜巻などの激しい突風などが起きる恐れもあります。

頑丈な建物の中に移動するなどして、安全確保に努めてください。

あす(木) にわか雨は山沿いなど局地的

あす(木)はきょう(水)と比べると大気の状態は安定するでしょう。

日中はおおむね晴れて、強い日差しが降り注ぐ見込みです。ただ、午後は山形県と新潟県の県境付近や福島県の会津山沿いなどでにわか雨の所がありそうです。

きょう(水)よりもにわか雨の範囲は狭くなる予想ですが、山沿いではあす(木)も念のため、空模様の変化に注意して下さい。

最高気温は太平洋側の沿岸部を除き、25℃以上の夏日となる所が多いでしょう。引き続き、湿度が高めで蒸し暑く感じられそうです。熱中症や食品の管理に注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい