5月の世界の平均気温偏差 統計開始以降、6番目に高い値 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5月の世界の平均気温偏差 統計開始以降、6番目に高い値

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


6月14日に気象庁は、2021年5月の世界の平均気温偏差を発表しました。

5月の世界平均気温

2021年5月の世界の平均気温(陸域における地表付近の気温と海面水温の平均)の基準値(1991〜2020年の30年平均値)からの偏差は+0.21℃(速報値)で、1891年の統計開始以降、6番目に高い値となりました。

正偏差が大きかった年 1位は2020年と2016年

正偏差が大きかった年の1位〜5位は以下の通りです。

①2020年・2016年(+0.31℃)、③2015年(+0.27℃)、④2017年(+0.23℃)、⑤2019年(+0.22℃)

世界の5月平均気温は、様々な変動を繰り返しながら上昇しており、長期的には100年あたり0.72℃の割合で上昇しています。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい