東北 朝8時台から30℃超え 35℃以上の猛暑日に迫る所も 熱中症に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 朝8時台から30℃超え 35℃以上の猛暑日に迫る所も 熱中症に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう(11日)は北日本や北陸を中心に30℃以上の真夏日続出の予想。東北では35℃以上の猛暑日に迫る所も。すでに青森県弘前市などで、朝8時台に30℃を超えてきました。朝と日中の気温差大、20℃近くになる所も。熱中症に警戒が必要です。

朝8時台ですでに30℃超え

きょう(11日)は、北日本や北陸を中心に、きのう(10日)以上にハイペースで気温が上がっています。すでに朝8時半過ぎに、青森県弘前市では気温が30℃を超え、9時過ぎには岩手県や新潟県内でも所々で30℃以上の真夏日となっています。このあとも気温はグングン上がり、最高気温は、青森県弘前市と秋田県横手市で34℃、北海道の北見市や、山形市、新潟県長岡市で33℃の予想です。その他、旭川市は32℃、札幌市は31℃と、今年初めて真夏日になりそうです。

朝と日中の気温差大 20℃近くの所も

暑さの原因は、真夏並みの暖気と強い日差しに加え、南よりの風が山を越え吹き降りるフェーン現象です。北海道や東北には上空1500メートル付近で15℃くらいと、晴れれば地上で30℃以上となる暖気が流れ込み、強い日差しとともに気温がグッと上がります。また、南よりの風が吹くため、山を越えて吹き降りるフェーン現象の影響で日本海側やオホーツク海側を中心に気温が上がりそうです。朝と日中の気温差が20℃近くになる所もあるため、身体に負担がかかりそうです。熱中症には十分に注意しましょう。

暑さいつまで?

あす(12日)は、気圧の谷の影響で北日本や北陸は曇りや雨で、季節先取りの暑さは落ち着きそうです。ただ、それでも平年よりは高く、最高気温は札幌市や秋田市、新潟市で25℃前後の予想です。湿度が高くなるため、蒸し暑さがアップしそうです。こまめに水分補給を行い、マスク着用時は激しい運動を避けるなど、気温や湿度が高い時には特に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい