仙台や福島は今年一番の暑さ あす(木)は東北北部でも真夏日に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

仙台や福島は今年一番の暑さ あす(木)は東北北部でも真夏日に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう(水)は仙台や福島で今年一番の暑さを観測しました。あす(木)も気温が上がり、東北北部でも30℃以上の真夏日となる所がありそうです。こまめな水分補給など、熱中症対策はしっかりと行いましょう。

きょう(水) 宮城・福島で今年一番の暑さ続出

きょう(水)は朝から気温が上がり、仙台や福島では午前9時頃に25℃を超えました。その後も日差しとともに気温が上昇し、東北南部を中心に暑くなりました。

午後3時までの最高気温は、福島県の福島と伊達市梁川で31.5℃、宮城県の蔵王で30.8℃、仙台29.1℃など、宮城県や福島県で今年一番の暑さとなった所が多くなりました。

あす(木) 東北北部でも30℃以上の真夏日に

あす(木)も高気圧におおわれるため、日中は各地で晴れるでしょう。洗濯物はよく乾きそうです。梅雨入り前の晴れ間を有効に活用して下さい。

あすは、きょう以上に暖かい空気が流れ込むため、東北北部でも30℃以上の真夏日となる所があるでしょう。特に、秋田県や岩手県の内陸では気温が上がりやすく、きょうよりも5℃くらい高くなりそうです。また、東北南部の山形や福島でも31℃予想で、体に堪える暑さとなるでしょう。

一方、仙台は東よりの海風が入る影響で、きょうよりも少し暑さは和らぎそうです。

熱中症予防・対策を確認

改めて、熱中症予防や対策を確認しておきましょう。

・日ごろから規則正しい生活を心掛けて、暑さに負けない体づくりをしましょう。

・喉が渇いていなくても、こまめな水分補給を心掛けるようにして下さい。また、汗を大量にかいた時は適度な塩分も補給するようにしましょう。

・屋外ではなるべく日陰を選んで歩いたり、帽子や日傘を利用する、服装を工夫するなどして、暑さを避けるようにしましょう。

・部屋の中にいても熱中症にかかる恐れはあります。扇風機やエアコンなどをうまく活用しましょう。ただ、コロナ対策としてこまめな換気は忘れずに。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい