あす6日 台風から変わった低気圧が前線と一体化 関東など短時間に強まる雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす6日 台風から変わった低気圧が前線と一体化 関東など短時間に強まる雨に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


台風3号は、5日午後3時に温帯低気圧に変わりましたが、油断禁物です。あす(6日)は、梅雨前線と一体化して本州付近を東進。西日本・東日本の太平洋側では、短い時間にザっと強まる雨に注意が必要です。

前線と元台風が一体化

台風3号は、5日午後3時に東シナ海で温帯低気圧に変わりましたが、油断禁物です。あす(6日)は、梅雨前線と一体化して本州付近を東へ進む見込みです。温帯低気圧に変わりましたが、元は台風。熱帯育ちの暖かく湿った空気をたっぷりと持ち込み、前線の活動が活発に。西日本・東日本の太平洋側では、短い時間にザっと強まる雨に注意が必要です。

6日午前 西日本で強雨注意

今夜(5日)は、沖縄や奄美では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨や雷雨に注意が必要です。日付が替わって、あす(6日)の午前は四国や近畿など西日本の太平洋側で局地的にザっと雨脚が強まりそうです。活発な雨雲は海上が中心ですが、低気圧や前線の動きによっては横殴りの雨の所もあるでしょう。低気圧の動きは比較的速いため雨の降る時間は短く、局地的に2~3時間ザっと降りそうです。

6日午後 関東で本降り

関東は昼前から雨が降り出し、夕方にかけて沿岸部を中心に本降りの所があるでしょう。前線や低気圧の動きによっては、内陸部でもザっと雨脚の強まる所がありそうです。

あす(6日)の雨は、比較的短い時間にザっと降るタイプです。短い時間に強い雨が降ると、側溝が溢れたり、アンダーパスなど道路の低い所では水が一気に溜まる恐れがあるため車の運転は注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい