九州 3日(木)から4日(金) 大雨に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 3日(木)から4日(金) 大雨に警戒を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


しばらく梅雨の中休みが続いた九州ですが、今夜(2日夜)は九州南部から次第に雨の範囲が広がり、あす3日(木)から4日(金)は大雨となるおそれがあります。土砂災害や河川の増水・氾濫、低い土地の浸水などに警戒が必要です。

梅雨前線 九州を北上のち南下 大雨になりやすい気圧配置

しばらく沖縄付近に停滞していた梅雨前線が、きょう2日は東シナ海を北上。あす3日(木)は九州付近をさらに北上して対馬海峡へ達し、夜遅くから4日(金)朝にかけては九州を南下するでしょう。このように、梅雨前線がいったん北上して南下するという気圧配置は、梅雨の最盛期から末期にかけてよく見られ、大雨になりやすい気圧配置です。あす3日(木)からあさって4日(金)にかけて、九州は梅雨前線に向かって流れ込む非常に湿った空気の影響で大気の状態が不安定になり、雨雲が発達しやすい状況が続きます。

九州各地で激しい雨 大雨に警戒を

あす3日 (木)は、九州各地で断続的に雨が降るでしょう。あす3日(木)は梅雨前線が対馬海峡へ北上するため、九州北部を中心に激しい雨が降り、局地的には1時間50mm以上の、滝のような雨が降るおそれもあります。梅雨前線は、あす3日(木)の夜は対馬海峡から九州北部へと次第に南下し、4日(金)の朝には九州南部に達する見込みです。この梅雨前線南下のタイミングで、宮崎県や鹿児島県など九州南部でも激しい雨が一段と降りやすくなります。発達した雨雲が同じような場所にかかり続けると、土砂災害や浸水などの危険度が急速に高まるおそれがあります。九州は、あす3日(木)からあさって4日(金)にかけて、雨の降り方に十分に注意・警戒をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい