2週間天気 3日~4日は大雨・大荒れの恐れ 5日~6日は前線の活動が活発に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2週間天気 3日~4日は大雨・大荒れの恐れ 5日~6日は前線の活動が活発に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像D

画像D


3日(木)から4日(金)は、広く雨が降り、大雨の恐れがあります。北海道を中心に荒れた天気に。5日(土)から6日(日)は、南西諸島付近に停滞する前線の活動が活発になる可能性があります。

2日(水)は広く晴れ 3日(木)~4日(金)は大雨や大荒れの恐れ

2日(水)は、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。晴れる所が多い見込みです。

3日(木)は、低気圧が、前線を伴って日本海を進み、4日(金)にかけて、北海道に近づくでしょう。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込みます。全国的に雨が降り、太平洋側を中心に大雨になる恐れがあります。大雨に備えて、ハザードマップや非常持ち出し袋の確認などしておくとよいでしょう。4日(金)は、北海道を中心に、南よりの風が強まり、荒れた天気になる見込みです。大荒れの恐れもあります。プランターなど飛ばされやすいものは、屋内にしまっておくとよいでしょう。

なお、フィリピンの東を北上している台風3号は、今後、バシー海峡まで進む見込みです。4日(金)9時までに、熱帯低気圧に変わるでしょう。

5日(土)~6日(日) 前線の活動が活発に 沖縄付近で雨雲発達か

5日(土)から6日(日)にかけて、前線が、南西諸島から本州の南に停滞する見込みです。台風3号は熱帯低気圧に変わる予想ですが、台風が持ち込む熱帯からの暖かく湿った空気が、前線に流れ込むことで、前線の活動が活発になる可能性があります。この場合は、沖縄や九州南部付近に、発達した雨雲がかかり、雨量が多くなることが考えられます。前線が、今の予想より北に位置すると、6日(日)にかけて、東海や関東など本州の太平洋側にも雨雲がかかります。予報には、まだ幅がありますので、最新の気象情報をご確認下さい。

7日(月)~8日(火) 前線が南西諸島付近に停滞

7日(月)から8日(火)は、前線は、南西諸島から本州の南に停滞する見込みです。沖縄は雨が降る日が続くでしょう。九州から東北は日差しが届く所が多い見込みです。北海道は、気圧の谷の影響で、雨が降るでしょう。

9日(水)~14日(月) 晴れ間あり

9日(水)は、日本列島は高気圧に覆われるでしょう。全国的に晴れる見込みです。10日(木)から11日(金)にかけても広く晴れる予想ですが、北海道や東北を中心に、雲が広がりやすくなり、雨が降る可能性があります。12日(土)から14日(月)は、広く曇りや雨でしょう。

熱中症対策を

向こう2週間は、九州から関東では、曇りや雨の日でも、最高気温は25℃以上の所が多く、日中は汗ばむくらいの日が多いでしょう。晴れる日は、30℃くらいまで上がる所がある見込みです。まだ身体が暑さに慣れていない時期です。熱中症にご注意下さい。食品の管理にもお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい