関東 あすも日差しあり その先しばらく曇りや雨 横なぐりの雨になることも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 あすも日差しあり その先しばらく曇りや雨 横なぐりの雨になることも

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


関東は、あす2日も晴れ間がある見込み。その先はしばらくスッキリしない天気が続く。3日の後半から4日は前線に伴う活発な雨雲が通過。沿岸部を中心に風も強まり、横なぐりの雨に。

あす2日(水) 雲は多めでも晴れ間あり

きょう1日(火)の関東地方は高気圧に覆われて、青空が広がりました。

あす2日(水)は、高気圧の中心が少し離れて雲が増えるものの、日の差す時間はあるでしょう。夕方以降は、北部で局地的に雨雲が湧いてきます。ただ、雨は降っても短い時間で、それほど強く降ることもなさそうです。

最低気温は18度くらいの所が多いでしょう。今朝ほど下がらず、ヒンヤリ感は解消しそうです。最高気温は25度~28度くらいの予想。きょうに比べて湿度が高めで、蒸し暑く感じられる所が多いでしょう。

次第に前線が近づく 3日(木)後半~4日(金) 広く雨に

3日(木)は、前線が近づくため天気が下り坂に。早い所では夕方から雨が降り出す見込みです。夜は雨の範囲が次第に広がり、遅くなるほど本降りになるでしょう。4日(金)は断続的に雨で、午前を中心に雨脚の強まることがありそうです。沿岸部を中心に南風も強まり、横なぐりの雨になるでしょう。レインコートやレインシューズ、替えの靴下などが役に立ちそうです。

なお、この雨のタイミングで、関東甲信の梅雨入りが発表される可能性があります。

5日(土)から7日(月)にかけて、前線は南へ離れていきますが、湿った空気の影響が残り、スッキリしない天気が続くでしょう。沿岸部ほど厚い雲に覆われ、にわか雨の可能性もあります。広い範囲で日差しが戻るのは8日(火)となりそうです。

気温は平年並みか高いでしょう。雨の降る日も、日中は25度くらいの所が多く、ムシッとしそうです。7日と8日は内陸部を中心に気温が上がり、30度以上の真夏日も。室内でも、暑さで体調を崩す危険性があります。無理をせずに、適切にエアコンや扇風機を使うと良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい