鹿児島や山口で今年初めて30℃以上 あす1日(火)も西日本を中心に暑さ続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鹿児島や山口で今年初めて30℃以上 あす1日(火)も西日本を中心に暑さ続く

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


31日(月)は、鹿児島市や山口市で、最高気温が今年初めて30℃以上の真夏日になりました。西日本を中心にあす6月1日(火)にかけて、暑さが続くでしょう。

西日本を中心に今年も最も高い気温

31日(月)は、本州付近は高気圧に覆われて、晴れた所が多くなりました。

16時までの最高気温は、鹿児島市で30.0℃、山口市で30.4℃と、いずれも今年初めて30℃以上の真夏日になりました。熊本市は31.8 ℃、佐賀市は31.4℃、長崎市は27.8℃、 広島市は28.6℃など、西日本を中心に、今年最も高くなった所がありました。熊本市と佐賀市は、7月中旬並みになりました。

一方、北海道では、気圧の谷の影響で雲が多く、最高気温は、札幌市は14.0℃、網走市は7.7℃と、4月並みになりました。

あす6月1日(火)も暑さ続く 熱中症対策を

あす6月1日(火)も、晴れる所が多い見込みです。最高気温は、九州から近畿は30℃くらいまで上がる所があるでしょう。東海から東北も25℃以上になる所がある見込みです。まだ身体が暑さに慣れていない時期です。こまめな水分補給を心がけるなど、熱中症対策をとって下さい。北海道も15℃を超える所が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい