きょう29日 水星と金星が大接近 どこで見られる?天気と観察ポイント 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きょう29日 水星と金星が大接近 どこで見られる?天気と観察ポイント

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょう29日は、水星と金星が大接近。日の入り後、西北西の低い空に注目です。各地の天気と観察ポイントをまとめました。

日の入り後 西北西の低い空

きょう29日、西北西の低い空に注目です。水星と金星が大接近します。約0.5度(満月の見かけの直径)まで近づきますが、日の入り30分後の高度は、東京で10度もありません。まず、明るい金星を目印に探すと良さそうです。メイン画像は東京の日の入り45分後(19時34分ごろ)の空です。

各地の日の入りは、札幌19:05、仙台18:52、東京18:49、名古屋18:59、大阪19:04、広島19:15、高知19:09、福岡19:22、那覇19:16です。

観察のポイント

山や高い建物等がない西の空が開けている場所を選びましょう。肉眼で見ることが出来ますが、夕焼けの残る空の中で水星を探すのは少し難しいかもしれません。太陽が沈んでから双眼鏡で観察するのがおススメです。

各地の天気は?

九州~近畿は梅雨の晴れ間で、水星と金星の大接近が楽しめそうです。東海は雲の間から観察できる所がありそうです。関東は都心など南部ほど観測のチャンスありです。東北は仙台など太平洋側では見られる所がるでしょう。東北の日本海側と北海道、沖縄は観察は難しそうです。

「スーパームーンで皆既月食」はあいにくの天気だった所も、星空をぜひ見上げてみて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい