27日 東京都心など関東南部では激しい雨も その先は7月並みの暑さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

27日 東京都心など関東南部では激しい雨も その先は7月並みの暑さに

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


あす(27日)は関東は朝から雨で、午後は南部を中心に激しい雨の降る所があるでしょう。大雨に注意・警戒してください。その先、金曜日は天気が回復し、内陸では真夏日一歩手前の暑さとなる予想です。日ごとに天気や気温が大きく変わるでしょう。

27日午後 関東南部を中心に「激しい雨」

あす(27日)は、梅雨前線上の低気圧が本州付近を進み、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本や東日本の太平洋側を中心に大雨となる予想です。関東地方は、早い所では朝から雨が降りだし、朝の通勤通学の時間帯も傘が必要となるでしょう。日中は、次第に発達した雨雲がかかり、関東地方は広く、本降りの雨となるでしょう。

雨の降り方は、東京都や神奈川県、千葉県など関東の南部ほど強いでしょう。伊豆諸島でも急に雨脚が強まりそうです。これらの地域や茨城県では、局地的にカミナリを伴って激しく降るでしょう。1時間に30ミリ以上の「激しい雨」は、傘を差していても濡れてしまうくらいの降り方です。外に出なければならない場合には、大きめの傘やレインコート、レインブーツなどがあると良いでしょう。

雨のピークは、昼過ぎから夕方にかけての見込みです。外出は午前中のうちに済ませたり、お昼の時間帯に外出しないで済むようにしておくと良さそうです。午後は、大雨に注意してください。

きょう(26日)12時~あす(27日)12時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、

関東地方、伊豆諸島南部で30ミリ、

伊豆諸島北部で40ミリとなっています。

その先、あす(27日)12時~あさって(28日)12時までの24時間は、

関東地方、伊豆諸島南部で50~100ミリ、

伊豆諸島北部で100ミリ~150ミリです。

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒が必要です。なお、低気圧が予想より発達したり、発達した雨雲が停滞したりした場合には、警報級の大雨となる可能性があります。最新の気象の情報を確認するようにしてください。

気温は横ばいで20度に届かず

あす、気温は一日を通してほぼ横ばいの予想です。最高気温は、東京都心、横浜、熊谷は19度、千葉や宇都宮は20度の予想です。20度に届かない所が多く、4月並みの所が多くなりそうです。

ここ数日、日中は暖かく、半袖でちょうど良いくらいでしたが、あすは長袖のシャツが必要となりそうです。カーディガンなど、一枚羽織るものがあってもいいかもしれません。きょうとの気温差が大きくなるため、体調を崩さないようにお気をつけください。

28日(金)は天気回復 7月並みの暑さに

あさって28日(金)は、天気が回復して暑くなりそうです。内陸では真夏日一歩手前まで気温が上がり、広く6月下旬~7月上旬並みの気温となるでしょう。29日(土)も暑さが続きそうです。30日(日)以降は、暑さは少し落ち着くでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい