今夜8時すぎ スーパームーンで皆既月食 各地の天気は?西から雨雲どこまで広がる? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今夜8時すぎ スーパームーンで皆既月食 各地の天気は?西から雨雲どこまで広がる?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


今夜(26日)は、今年最大の満月スーパームーンで皆既月食。気になる天気ですが、夜は西から梅雨前線が北上し、じわじわ雨雲が広がってくる予想。各地の天気と観察のポイントをまとめました。

スーパームーンで皆既月食24年ぶり

今夜(26日)は、スーパームーンで皆既月食。皆既月食は、太陽と地球と月が一直線に並び、満月が地球の影にすっぽり覆われる現象です。皆既月食の間の月は、見えなくなるのではなく、太陽光の中の赤い光が地球の大気で屈折して月を照らすため、赤みを帯びた神秘的な満月が見られます。さらに今回は、月が地球に最も近づいて大きく見える「スーパームーン」の月食となるため、見ごたえがありそうです。全国的に皆既月食が見られるのは、2018年7月以来、3年ぶり。日本でスーパームーンの皆既月食を見られるのは1997年9月以来、24年ぶりです。皆既月食の時間は、3年前と24年前は未明~明け方だったため、今回は午後8時過ぎと、観察しやすい時間帯となっています。

皆既月食 19分間

●部分食の始まり 18時44分ごろ

●皆既食の始まり 20時09分ごろ

●皆既食の終わり 20時28分ごろ

●部分食の終わり 21時52分ごろ

月が欠けはじめるのは、18時44分ごろ。東京や仙台などでは部分食を最初から見ることができますが、北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では一部が欠けた状態で月が現れる「月出帯食」となります。月が地球の影にすっぽり入り込む皆既月食は20時9分ごろ~20時28分ごろまでの約19分間。赤銅色の神秘的な満月が見られます。皆既食が終了すると月は次第に明るさを増し、21時52分ごろには部分食も終了。明るい満月が南東の空に輝きます。

どの方向を見るの?

南東の空で見ることができます。ただ、今回は南東の低い空に月が出るため、高い建物が少ない見通しの良い場所で観察するのがお勧めです。肉眼で楽しめますが、双眼鏡や望遠鏡があると、月を拡大して観察できるので、より楽しむことができます。

今夜(26日)の天気 北ほどチャンスあり

気になる今夜の天気です。北海道や東北は晴れて、今年一番の天体ショーを観察出来る所が多いでしょう。関東~近畿は雲が多くなりますが、上空の薄い雲が中心です。雲の間から観察のチャンスありです。中国・四国は西側の地域ほど雲が厚くなりますが、夜空を見上げてみて下さい。九州は梅雨前線が次第に北上するため曇りや雨で観察は難しそうです。沖縄は前線が離れるため、皆既月食を楽しめそうです。

次回、スーパームーンで皆既月食となるのは、12年後の2033年10月8日です。今夜、是非!空を見上げてみて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい