北海道 広く観察チャンス! 月が欠けたまま昇る月食 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 広く観察チャンス! 月が欠けたまま昇る月食

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


明日26日夜は皆既月食。北海道では広い範囲で下半分が欠けた月が昇ってくる様子がみられます。当日は全道的に晴れて、広い範囲で観察のチャンスがありそうです。観察する際は南東の空が低い所まで開けているところがよいでしょう。

欠けたまま昇る月

月食は太陽と地球、月が一直線に並んだ時、月が地球の影に入ることで始まります。

26日、月が欠け始める(部分食)のは午後6時45分頃ですが、実はこの時間、北海道ではまだ広い地域で月が昇ってきていません(月の出は札幌や旭川、函館で午後6時50分過ぎ)。このため北海道では、下半分が欠けた赤みを帯びた月が昇る、不思議な光景が見られます。

その後月は高さを増すにつれ明るい部分が小さくなり、月全体が地球の影に入る午後8時9分頃に皆既食となります。皆既食は午後8時28分まで19分弱続きます。なお月の下の方には、夏の星座であるさそり座の一等星、アンタレスが赤く光っています。赤みを帯びた満月との色の比較をしても面白いかもしれません。

その後は次第に明るさを取り戻し、午後9時52分頃には今年一番地球との距離が近い満月、いわゆるスーパームーンへと戻ります。

なお、観測は肉眼でも十分ですが、双眼鏡などを使うとより迫力ある様子が見られます。ただ月はあまり高く昇りませんので、南東が開けた場所がおすすめです。

※今回のように、月の出の前に月食が始まり月が欠けたまま昇るのを「月出帯食(げっしゅつたいしょく)」と呼びます。

午後8時台は広く晴れそう

明日26日は本州方面から高気圧が張り出し、広く晴れ間が出る見込みです。しかし、大気の状態が不安定となるため、道北や道東方面を中心に日中はにわか雨がありそうです。

ただ、天気の崩れは一時的となる見込みで、皆既月食が起こる午後8時台はほぼ全道で晴れるでしょう。多少雲が広がっても、雲の隙間から月が見えるということがありそうです。明日は全道的に月食を観察するチャンスだといえるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい