午後 雨の範囲が東海や北陸に広がる 関東甲信もにわか雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

午後 雨の範囲が東海や北陸に広がる 関東甲信もにわか雨に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう24日の午後は、東海や北陸でも雨の降る所があるでしょう。関東甲信でも所々でにわか雨がありそうです。急な雨に注意してください。

午後は東海や北陸でも広く雨

きょう24日は、日本の南にのびる梅雨前線や湿った空気の影響で、九州や中国、四国、近畿などで雨が降っています。鹿児島県や熊本県では、所々で雨の降り方がやや強くなっています。

午前11時30分までの1時間降水量(日最大量)は、鹿児島県の上中で24.5ミリ、鹿児島県の屋久島で21.5ミリ、熊本県水俣市で14.5ミリなどとなっています。

夜にかけて、梅雨前線上の低気圧が四国の南を東へ進む見込みです。このため、午後は東海や北陸でも雨の降る所が多いでしょう。

関東甲信も所々でにわか雨

関東甲信でも湿った空気が流れ込むため、次第に曇り空に変わる見込みです。洗濯物は早めに取り込んだ方が良いでしょう。

また、夜にかけて所々でにわか雨があるため、お出かけの際は、雨具があると安心です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい