20日~21日 九州や東海・長野県で降水量200ミリ超 平年5月ひと月分超も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20日~21日 九州や東海・長野県で降水量200ミリ超 平年5月ひと月分超も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


20日は九州や四国、21日は東海や長野県を中心に発達した雨雲がかかりました。降り始めからの降水量は、平年5月ひと月分を超えた所もあります。雨が弱まったり、止んだりしている所でも土砂災害に注意が必要です。

19日~20日 九州を前線が北上 九州で50ミリ以上の非常に激しい雨

19日から20日は、前線が九州を北上し、前線の活動が活発になりました。九州を中心に発達した雨雲がかかりました。20日の1時間降水量の日最大値は、佐賀県伊万里市で61.5ミリ、長崎県佐世保市で57.5ミリの降水を観測するなど、統計開始以来5月の1位の値を更新した所がありました。

21日 前線が本州を通過

21日は、前線上の低気圧が、日本海に進み、本州を前線が通過中です。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。東海付近を中心に発達した雨雲がかかり、14時20分までの1時間降水量の日最大値は、愛知県豊田市小原で51.5ミリ、長野県南木曽町で47.0 ミリの降水を観測するなど、統計開始以来5月の1位の値を更新した所がありました。

降り始めからの降水量200ミリ超 平年5月ひと月分を超えた所も

宮崎県では、19日20時から21日10時までの降水量(アメダス速報値)は、えびの高原で260.0ミリ、椎葉村で243.0ミリなどとなりました。椎葉村では、およそ半日で平年5月ひと月分に匹敵するくらいの降水量になりました。鹿児島県阿久根市では、19日21時から21日10時までの降水量は220.0ミリと、およそ半日で、平年5月ひと月分の降水量の約1.2倍になりました。

高知県馬路村魚梁瀬では、20日1時から21日11時までの降水量は332.5ミリになりました。

また、長野県御嶽山で、14時20分までの72時間雨量は304.5ミリ、南木曽町で247.5ミリの降水を観測しました。南木曽町では、3日間で、平年5月ひと月分の降水量の約1.2倍になっています。

土砂災害に警戒・注意

21日、夜にかけて、近畿から北海道を中心に雨が降る見込みです。東海では、夜のはじめ頃まで、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。

九州や四国など、雨が弱まったり、止んだりしている所でも、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があります。今後、少しの雨でも、土砂災害が発生する恐れがあります。急な斜面など、危険な場所には近づかないで下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい