21日 関東地方 土砂降りの雨と濃霧による見通しの悪さに注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

21日 関東地方 土砂降りの雨と濃霧による見通しの悪さに注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


21日金曜日の関東地方は、傘の手放せない一日。日中は雷を伴って土砂降りの雨になる所があります。また、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬の各都県には、濃霧注意報が発表されています。昼頃まで濃い霧による見通しの悪さにご注意ください。

雨雲の様子(午前6時現在)

21日午前6時現在、低気圧や前線に伴う雨雲が関東地方の一部にかかっています。神奈川県では箱根町や丹沢湖、小田原市などで雨脚が強まり始めています。また、東京都心には低い雲が立ち込め、一部で見通しが悪くなっています。東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬の各都県には、濃霧注意報が発表されています(午前6時現在)。昼頃まで濃い霧による見通しの悪さにご注意ください。

雨の予想(関東地方・甲信地方)

関東地方では夜のはじめ頃にかけて局地的に雷を伴い雨脚の強まる所があるでしょう。きょう予想される1時間雨量は、関東地方北部・南部いずれも25ミリです。また、甲信地方では長野県を中心にすでに所々で大雨になっていて、午前6時現在、伊那、宮田村、木曽町に土砂災害警戒情報が発表されています。甲信地方では局地的に1時間に40ミリの激しい雨が降り、あす午前6時までの24時間雨量が多い所で150ミリの大雨になるでしょう。大気の状態が不安定になり、竜巻などの激しい突風や雹が降るおそれがあります。土砂災害に厳重に警戒し、川の増水や氾濫、低い土地の浸水、落雷、竜巻などの突風に十分な注意・警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい