21日 強雨のエリアは西日本から東日本へ 各地の雨のピークは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

21日 強雨のエリアは西日本から東日本へ 各地の雨のピークは?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす21日にかけて、西日本では局地的に非常に激しい雨が降り、引き続き、土砂災害などに警戒が必要です。強い雨のエリアは次第に東日本に移ります。東海や北陸、関東甲信でも、大雨に警戒・注意してください。

21日 強雨のエリアは東日本へ

活発な梅雨前線が九州から本州の南にかけてのびています。南から暖かく湿った空気が流れ込んでいて、九州を中心に大雨となっています。あす(21日)は、低気圧が日本海を進み、前線が西日本や東日本、東北を通過する見通しで、あすも広い範囲で雨となる見通しです。

あす朝にかけて、強い雨のエリアは、九州や四国など、西日本の太平洋側が中心ですが、あす日中は、東海や北陸など、強雨の中心は次第に東日本へと移りそうです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒が必要です。降りだしからの雨量が多くなっている所では、地盤が緩んでいるおそれがあり、雨がやんでからも土砂災害の危険があります。あす雨がやむ地域でも、引き続き、警戒・注意してください。

雨のピークは

雨のエリアは次第に東へ移動します。それぞれの地方の雨のピークをまとめました。

九州・四国の雨のピークは、あす(21日)朝にかけてとみられ、局地的に非常に激しく降りそうです。その後、雨は次第に弱まり、やむ所が多いですが、引き続き、土砂災害に警戒が必要です。

中国地方は、あす未明から明け方ごろがピークとなりそうです。低気圧や前線が通過するタイミングで雨や風が強まるでしょう。

近畿は、雨や雷雨のピークは、あす朝にかけてとなりそうです。通勤通学の時間に重なる所もあるでしょう。あすの朝はしっかりと雨対策をしてお出かけください。

東海は、南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、特に静岡県で大雨となるでしょう。雨のピークは、あす朝から昼過ぎにかけてとなりそうです。

北陸も、日付の替わるころから雨が降り始め、次第に強い雨の降るエリアとなります。あす朝から昼過ぎにかけて雨のピークを迎えるでしょう。

関東甲信は、断続的に雨が降り、甲信地方では昼前後をピークに、雨脚の強まる所があるでしょう。

東北は雨が降ったりやんだりで、北海道は午後は広い範囲で雨が降る予想です。東北の南部では雨脚の強まる時間もあるでしょう。

西日本と東日本は、あすにかけて大雨となる所があります。あらためて、ハザードマップや避難経路を確認するなど、災害への備えをしておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい