四国地方 あす午前中にかけ太平洋側を中心に大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

四国地方 あす午前中にかけ太平洋側を中心に大雨に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


先週土曜日に梅雨入りして以来、ぐずついた天気が続いていた四国地方ですが、きょうは活動が活発化している梅雨前線の影響で大雨となっているところがあります。

この後、あす午前中にかけて、太平洋側を中心に更なる大雨の恐れがあるため、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水に注意・警戒が必要です。

活発な前線の影響で非常に激しい雨の所も

きのうは、梅雨前線がいったん南へ離れ、四国地方では束の間の梅雨の晴れ間が広がりましたが、きょうは前線の北上に伴い、明け方から次第に雨が降り出しました。前線は、今夜にかけて山陰沖まで北上し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、高知県では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所もあるでしょう。

また、あすの明け方から朝にかけては、四国付近を通過する寒冷前線の影響で、広い範囲で1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る恐れがあります。激しい雨がちょうど通勤・通学時間帯と重なる可能性もありますので、車の運転など十分に注意してください。

太平洋側では200ミリ以上の大雨の所も。土砂災害などに警戒。

きょう午後3時からあす午前9時にかけての予想降水量は、高知県中部・東部では多いところで200~250ミリと、200ミリ以上の大雨の恐れがあります。これは、南西方向から暖かく湿った空気が流れ込むことにより、高知県中部から東部にかけて発達した雨雲が発生しやすいためで、山間部を中心に大雨に警戒が必要です。また、その他の地域も、太平洋側を中心に多いところで100ミリを超える雨が降る可能性があります。

低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水に注意・警戒してください。また、大気の状態も非常に不安定になるため、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

今年は、梅雨入りが非常に早くなった分、大雨に警戒が必要な期間が例年以上に長くなる可能性があります。大雨による被害を出来るだけ小さくするためにも、今一度ハザードマップに目を通し、予測される災害の発生地点や被害の範囲・程度、避難場所などをご確認ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい