九州 20日~21日梅雨前線活発 土砂災害に厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 20日~21日梅雨前線活発 土砂災害に厳重警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょう20日~21日にかけて、梅雨前線が九州付近で活動を強めるため、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。すでに地盤が緩んでいる所がありますので、土砂災害に厳重に警戒して下さい。また、低い土地の浸水や河川の増水や氾濫にも警戒が必要です。

20日 梅雨前線は九州北上

きょう20日、梅雨前線は活動を強めながら九州付近を北上しています。前線に向かって高温多湿な空気が流れ込んでいるため、大気の状態が非常に不安定になっており、九州付近へ次々と発達した雨雲が流れ込んでいます。

きょう午前10時40分までで1時間雨量の最大値は、熊本県球磨郡山江村54.0ミリ(5月の観測史上1位)、熊本県水俣市49.5ミリ、鹿児島県阿久根市42.5ミリなど、熊本県や鹿児島県で非常に激しい雨や激しい雨が観測されました。

また、きょう午前11時までの総雨量は熊本県水俣市で159.0ミリと、すでに150ミリを超えています。

あす21日朝にかけて大雨のおそれ

きょう20日このあとも、梅雨前線は九州付近をゆっくりと北上するでしょう。夜には対馬海峡まで北上し、前線上を低気圧が進むため、前線の活動がさらに活発になる見込みです。梅雨末期に現われるような気圧配置です。そして、あす21日は朝にかけて再び梅雨前線が九州を南下する見込みです。

九州付近では局地的に雨雲が発達しやすく、1時間に50ミリ以上の滝のような非常に激しい雨が降ったり、場合によっては猛烈な雨が降るおそれもあります。あす21日朝まで雨の降り方に警戒が必要です。あす21日午前6時までの24時間に予想される雨量は、九州の多い所で250ミリです。

発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの突風にもご注意下さい。

土砂災害の厳重警戒

これまでの大雨で地盤が緩み、土砂災害が起こりやすくなっている所があります。

午前10時30分現在、熊本県や鹿児島県は土砂災害の危険度が「きわめて危険」(警戒レベル4相当)になっている地域があります。

警戒レベル4が発表されている地域では、市町村から発令される避難指示などの情報に留意し、土砂災害警戒区域などにお住まいの方は安全な場所への速やかな避難が必要です。

また増水した川や溢れた側溝、浸水した場所など危険な場所には近づかないようにしましょう。

こまめに最新の情報を確認し、危険性が高まった場合は、速やかに避難などの対応ができるよう備えておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい