週間 木曜・金曜は前線活動が活発化 滝のような雨も 週末は天気回復 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 木曜・金曜は前線活動が活発化 滝のような雨も 週末は天気回復

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


20日(木)~21日(金)は前線の活動が活発になり、本降りの雨。九州など滝のような雨の降る所もありそうです。週末は一旦天気が回復するでしょう。ただ、梅雨の晴れ間は、長くは続かない見込みです。

20日~21日 九州を中心に滝のような雨 土砂災害警戒

20日(木)は前線上に低気圧が発生し、21日(金)にかけて日本海に進む見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になりそうです。20日(木)は九州と四国を中心に雨が降り、局地的に滝のように非常に激しく降る見込みです。中国地方や近畿、東海も午後に雨が降り出すでしょう。激しい雨や雷雨の所がありそうです。夜になると関東でも雨が降る見込みです。21日(金)は東海や関東、北陸を中心に雨が降りそうです。広い範囲で本降りの雨となり、降り方が強まったり、雨量が多くなる所もあるでしょう。まだ梅雨入りしていない関東甲信や北陸、東北も、まとまった雨となり、梅雨に入ったような空模様が続きそうです。九州では既に14日(金)頃からの梅雨前線による大雨で、総雨量が300ミリを超えている所があり、今月これまでで、平年5月の1か月分以上の量の雨が降っている所もあります。今後さらに雨量が増えることもあり、地盤が緩み、土砂災害などが発生するおそれもありますので十分に警戒をしてください。

週末は天気回復 週明けは再び天気下り坂

22日(土)は西から天気が回復するでしょう。23日(日)には前線は日本の南に離れ、九州から関東・東北にかけて広く晴れる見込みです。洗濯物も一気に片づけられそうです。ただ、晴れの天気は長くは続かず、週明け24日(月)は早くも天気は下り坂となるでしょう。梅雨前線が西から延びて、次第に雨雲が広がる見込みです。25日(火)は梅雨前線が西日本から東日本の南岸まで北上するでしょう。太平洋側の沿岸部を中心に局地的に雨の降り方が強まりそうです。沖縄は21日(金)までは梅雨の晴れ間が続きますが、週末以降は梅雨前線が南下して、再び梅雨空が戻るでしょう。

最高気温は全国的に平年並みか高い日が多い見込みです。湿度が高く、ムシムシ・ジメジメした日が続きそうです。食品の管理にも十分にお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい