19日 前線停滞 太平洋側はすっきりしない天気 局地的に激しい雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

19日 前線停滞 太平洋側はすっきりしない天気 局地的に激しい雨も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


今日19日(水)は本州の南岸に前線が停滞。活発な雨雲は九州から次第に東海、関東の沿岸部へ。既に梅雨入りしている九州から東海は太平洋側を中心に梅雨空、関東甲信や東北もまるで梅雨のような、すっきりしない空模様が続きそうです。

太平洋側沿岸部で激しい雨や雷雨

沖縄は雲が広がり、夕方にかけて雨の降る所がありそうです。夜は晴れるでしょう。九州南部は朝は局地的に激しい雨が降る見込みです。日中はいったんやみますが、夜になると再び活発な雨雲がかかるでしょう。九州北部と中国、四国は午前中は雨雲のかかる所がありますが、午後は次第に天気が回復する見込みです。梅雨の晴れ間となりそうです。近畿は雲が多く、昼頃に雨が降るでしょう。紀伊半島の一部で、午前中は激しく降りそうです。東海と関東甲信も雲が多く、午後を中心に雨の降る所があるでしょう。沿岸部では局地的に激しい雨や雷雨となりそうです。北陸と東北も昼頃から雨雲のかかる所があるでしょう。北海道は昼頃まで晴れる所がありますが、夜は広く雨が降る見込みです。

気温大幅ダウンでひんやり

最高気温は、東海や関東甲信、東北を中心に昨日18日(火)よりもグッと低くなりそうです。昨日30度近くまで上がった所も、25度にも届かない所が多いでしょう。関東は20度にも届かず、ひんやりしますので、長袖や上着が良さそうです。ただ、湿度は高めですので、服装は風通しの良いものをお選びください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい