梅雨入り前の関東甲信~東北も天気ぐずつく 再び大雨の恐れ 晴れ間はいつ? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨入り前の関東甲信~東北も天気ぐずつく 再び大雨の恐れ 晴れ間はいつ?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


梅雨入りの発表がまだの地方も、21日(金)にかけて、曇りや雨の日が続く所が多いでしょう。20日(木)から21日(金)は、本降りの雨になり、大雨の恐れもあります。

21日(金)にかけて曇りや雨の日続く 大雨の恐れも

18日(火)は、前線は本州の南に停滞しました。九州から関東を中心に湿った空気の影響で、雲が多く、雨が降った所もありました。北陸や関東甲信など、梅雨入りの発表はまだですが、この先、21日(金)にかけて、九州から関東を中心に、曇りや雨の日が続く所が多いでしょう。20日(木)は、前線が本州付近まで北上し、前線上に発生する低気圧が21日(金)にかけて、日本海に進む見込みです。九州から関東を中心に、本降りの雨になり、21日(金)は、東北や北海道も雨が降るでしょう。九州から関東では、20日(木)から21日(金)にかけて大雨になる恐れがあります。特に熊本県や大分県では、先日15日(土)から17日(月)の大雨により、すでに地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に警戒が必要です。

22日(土)は九州など西から天気回復 24日(月)には早くも天気下り坂

22日(土)は、前線は本州の南に南下し、北日本付近を気圧の谷が通過するでしょう。北海道から北陸を中心に雨が降る見込みです。関東や東海も雲が多く、雨が降ることがあるでしょう。一方、九州や中国四国地方など西の地方では、天気が回復し、晴れ間が出る見込みです。

23日(日)は、九州から関東にかけて日が差すでしょう。

24日(月)は、大陸から本州の南に延びる前線上に低気圧が発生し、九州に近づく見込みです。九州は天気は下り坂に向かい、雨が降りだすでしょう。25日(火)は、低気圧が九州付近を東進する見込みです。九州には発達した雨雲がかかる可能性があります。中国四国地方から北海道にかけても、広く曇りや雨でしょう。前線の動向によっては、四国などにも発達した雨雲がかかることも考えられます。最新の気象情報をご確認下さい。

蒸し暑くなる日も 熱中症対策を

まだ5月ですが、曇りや雨の天気が多くなってきており、すでに湿度が高めの日が続いている所もあります。22日(土)ごろを中心に、九州から関東では、最高気温が25℃くらいの所が多いでしょう。蒸し暑くなりそうです。こまめな水分補給を心がけるなど、熱中症対策が必要です。食品の管理にもお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい