中国地方 きょう(18日)の午後は所々で弱い雨 今週の後半は再び大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 きょう(18日)の午後は所々で弱い雨 今週の後半は再び大雨のおそれ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょうは、梅雨前線が西日本の南岸沿いに停滞し、太平洋側をまとまった雨雲が通過する見込みです。雨雲の本体が中国地方にかからる可能性は小さいものの、午後は所々で傘の出番があるでしょう。

また、20日(木)から21(金)にかけては梅雨前線が西日本付近まで北上し、活動も活発になるため、西部を中心に大雨の降るおそれがあります。

きょう(18日)の午後は所々で傘の出番に 空模様の変化にご注意

中国地方は梅雨前線の雲に覆われており、全般にすっきりしない天気になっています。

九州の南部に見られる活発な雨雲の中心は、中国地方よりも南側を通過しますが、一部が山口県などにかかるでしょう。これとは別に、午後には中国山地の周辺でも小さな雨雲が発生する見込みです。

雨が強く降ることはなさそうですが、夕方にかけて所々で雨が降るため、洗濯物をぬらさないよう、空模様の変化にはご注意ください。

20日から21日の未明にかけては大雨のおそれ

20日は梅雨前線が西日本付近まで北上し、低気圧や前線に向かって大雨のもとになる暖かく非常に湿った空気が流れ込む見込みです。

20日は断続的に雨が降り、夜には山陽の西部など南西側に開けた斜面を中心に雨脚が強まるでしょう。21日の未明にかけては短時間に強い雨が降り、大雨になるおそれがあります。

前線の活動によっては、広島県・山口県・島根県では警報級の雨になるおそれもあるため、最新の情報にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい