前線活動活発 あす17日は激しい雨や雷雨 梅雨入り前の地域も大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前線活動活発 あす17日は激しい雨や雷雨 梅雨入り前の地域も大雨のおそれ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


日本海にのびる梅雨前線が、あす17日にかけて本州付近を南下する予想です。

きょう16日は、近畿と東海で梅雨入りの発表がありましたが、まだ梅雨入りしていない地域でも大雨となるおそれがあり、警戒が必要です。

近畿と東海が梅雨入り

きょうは、日本海にある前線や低気圧や、南からの暖かく湿った空気によって、九州から北海道の広い範囲で雨が降っています。

そして、気象庁はきょう午前11時、近畿と東海が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。

近畿は10年ぶりに最も早い記録を更新、東海もこれまでで2番目に早い梅雨入りです。

梅雨前線が次第に南下

日本海にある低気圧は、このあと北日本付近に進むとともに、前線はあすにかけて、本州付近を南下する予想です。

九州から東北では、前線の通過するタイミングで、日本海側を中心に雨脚が強まる見込みです。

西日本ではだんだんと雨が強まり、今夜遅くになると、雷を伴って滝のような雨が降る所があります。

周囲が暗くなってから大雨となるおそれがあるため、注意が必要です。

強雨エリアは東海や北陸に拡大

前線の南下に伴い、あすになると北陸や東海でも雨脚が強まります。

北陸は未明から朝を中心に、東海は夕方頃にかけて、非常に激しい雨や雷雨となるおそれがあります。

また、低気圧の近づく北日本も、朝の内はザーザー降りの雨となり、朝の通勤通学の時間帯に重なる所もありそうです。

まだ梅雨入りの発表がない北陸や東北を含めて、広い範囲で土砂災害や川の増水、低い土地の浸水などに注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい